転職

銀行を辞めたいと思っていてもピークを過ぎると意外と辞めない説【若手向けの話】

銀行員というと、安定的で高給取りのイメージがあり一度入れば将来安泰であろうという職業の一つでした。

今では将来はフィンテックやAIに仕事が奪われるだとか言われており、中の銀行員の方も将来銀行を辞めたいと考えている人もいると思います。

ただ、思っているものの辞めた将来と銀行にいる将来とを比較した結果、銀行を辞めないでおこうとなるのではないかと思います。

今回は、銀行を辞めたいと思っていてもピークを過ぎると意外と辞めないということに関して記事をお届けします。

ピークを過ぎると銀行を辞めない

本記事でいうところのピークに関しては、新卒から10年目くらいの若手をイメージしており新卒から3年目~4年目をピークにそれ以上たった場合には辞めにくくなっていると思います。

ぼく自身は3年半銀行員を経験してから転職をしましたが、4年目以降前職同期が辞めたという話をぱったりと聞くことがなくなりました。

銀行を辞めたいと思っていても、若手の辞めるピークを過ぎると辞めない理由はこちらだと思います。

  • 役職が上がり年収が上がった
  • ライフスタイルの変更で辞めにくくなった

つまり、新卒3~4年目までで同業界もしくは別業界への転職をしない場合には辞めないのではないかということです。

役職が上がり年収が上がった

銀行にもよりけりですが、新卒3年目と6年目前後くらいに役職が変わる傾向にあります。

3年目の役職変更では対して年収は変わりませんが、6年目に入ると年収は200万円~300万円ほど変わります。

銀行員での高給を経験したのち別会社に転職する場合、同水準の年収で転職できれば御の字で多くのケースでは下がるのではないかと思います。

結果、年収を天秤にかけると確かに銀行は厳しいけども転職しなくてもいいか、という結論になります。

ぼく自身も年収が上がってくると銀行を辞める意思決定をかなり阻害されるだろうなと思っていたので気持ちはわかります。

ライフスタイルの変更で辞めにくくなった

4年目以降になると、年齢としては26,27歳となるため結婚する人も出てきます。

結婚するとライフスタイルも大きく変わり攻めの姿勢よりも守りの姿勢になります。

ぼくの友人も結婚をして子どもができてからは一層転職は検討しなくなったといってました。

銀行だと年収は比較的高いだけでなく、福利厚生面もしっかりしていることもライフスタイルが変わった時にも銀行に勤めていることの安心感があるでしょう。

銀行を辞めたくなる若手のタイミング

銀行を辞めたくなる若手のタイミングはこちらです。

  • 銀行員1年目
  • 銀行員2年目
  • 銀行員3年目

4年目以降は辞めたいと思っていても意外と辞めないことを考えると、逆に1年目から3年目までに辞めたいと思ったときに実際に行動に起こしやすいということです。

辞めたいと思う銀行員1年目

銀行に入って1年目はやることも多く何からやっていいのかわかりません。

例えば、初めて銀行の個人営業を経験するといきなりいろんな商品の提案をしないといけなくなりますし営業成績も張られるし上司は怖いしで辞めたくなります。

どこの会社でも起こりがちですが、自分の無力さと銀行内部の状況を実際に目の当たりにして辞めたくなります

辞めたいと思う銀行員2年目

2年目になると、1年目に比べると業務が身に付いてきます。

一通り業務を身に付けていざ自分のいる業務をこのまま突き詰めた時に果たして本当にこのままでいいのだろうかと疑問に思うタイミングが来ます。

将来転勤を通じてジョブローテーションはあるとはいえ、銀行員のままでいいのか心配になり辞めたくなります。

辞めたいと思う銀行員3年目

1年目より2年目、2年目より3年目とできる業務の幅が広がります。

まあ、3年目ともなると一程度のプロジェクトのリーダーを任されたり中枢プロジェクトの期待の担い手といったポジションになってきます。

今の状態でしっかり実績を残せられれば、希望の部署にも行けるかもしれない、ただ頑張るモチベーションがお客様の方向ではなく自分の昇進のためだと思うと本当にこれでいいものかと悩みます。

結果、将来の自分のキャリアと銀行でのキャリア、本当にお客様の為に提案とは何なのかを考えて辞めたくなります。

辞める辞めない関わらず出世に必要な資格は頑張る方がいいのか

若手において、1年目から3年目と段階を経て辞めたいタイミングが来まして、上記の記載は実際にぼくが感じていたことでした。

若手銀行員3年目くらいまでは辞める辞めない関わらず資格取得に時間を取られることになります。

銀行業務検定始め、多くの資格はあまり役に立ちにくいですが、下記資格だけは取れる時に取っておいて損はないと思います。

証券アナリストはぼく自身は1次試験突破で断念してしまいましたが、銀行員時代に取り切れればなと悔やまれます。

当時は周りの銀行員も同じように資格取得を頑張っているため、同期が頑張っているのであれば自分も頑張らないとと奮起しやすいです。

転職してしまうとそもそも資格自体不要になることもありますが、若手で勉強する経験を持っていると何かと後から勉強することが出てきた時にその姿勢は活かすことができます。

銀行員が出世含め取得が必要になる資格一覧はこちらにまとめていますので合わせてご覧になってみてください。

参考>>銀行員は課長まで出世するのに資格を何個取る?答えは10個以上です

辞めないとは言え確認しておきたいこと

銀行を辞めたいと思っていても辞めない背景を記載してきましたが、辞めないにしてもやっておいて損のないことはあります。

それは自分の転職市場での価値です。

具体的には、自分が今転職するとするとどの業界の、どの業務をどのくらいの年収で就けるのかは知っておいて損はないです。

なぜなら、これから銀行を辞めないにしても異動は必ず来るため異動に備えて自分がどういうスキルや経験をしておく方が今後良さそうなのかの整理に繋げることもできます。

転職市場での価値の確認方法

転職市場での価値の確認方法は非常にシンプルで転職エージェントに相談することで解決します。

具体的に銀行員が転職を検討する上で使うと良さそうなエージェントはマイナビエージェント、 ビズリーチ 、 リクルートエージェント です。

マイナビエージェント:若手の転職支援が強いです。特に金融出身者に頼もしい金融専門チームがあるため、銀行員含む金融機関の方は利用価値が高いです。

参考>>マイナビエージェントの金融専門チームって?金融機関出身者でキャリアップしたいなら利用価値あり

ビズリーチ : 他の転職エージェントが持っていないような役職、ポジション、待遇等を兼ね備えた求人をスカウトを通じて紹介してもらえるため登録だけしていてもいいです。     

参考>>20代でビズリーチは活用できる? 年収600万円以上ない若手でも活用できるけど若すぎると厳しい

リクルートエージェント :言わずと知れた最大手。案件数が最も多い会社なので未経験でも挑戦できる会社は見つかる可能性が高いので迷ったらここから申込するといいです。    

参考>>リクルートエージェントが実際に使ってみて推しだったので評判を書いときます|結局はエージェントとの相性による点は注意です

これらはエージェントになるので、実際に自分が転職するとなるとどういう求人があって年収はいくらくらいになりそうなのかとか、客観的にアドバイスをもらう先として気軽に相談してみるといいと思います。

登録だけしていても、スカウトや紹介がきたりするので便利です。

ぼく自身は2年目からリクルートエージェント を活用しており当時は転職せずに現職で成果を上げることに振り切るための判断をする良いきっかけにできました。

主観では自分はできると思いがちですが、 客観的な判断をするためには実際に転職市場のプロに確認してもらう方が良いと思いました。

また、実際に転職活動を行うと、エージェントの選び方など気になる点が出ると思いますのでその場合はこの記事もあわせてご覧ください。

参考>> 転職エージェントの選び方は?見るべき点は?|やり取りの頻度・相性・案件の量と質のこの3つです

まとめ ピークを越えても選択肢はあってよい

今回は、銀行を辞めたいと思っていてもピークを過ぎると意外と辞めないということに関して記事をお届けしました。

銀行を辞めたいと思ってもピークを越えると意外と辞めないですが、辞めないにしても異動が本当にいいのか、実は転職した方がいいのかなど選択肢は多くあります。

一つに決めつけて注力するのも良しですが、他の選択肢があるのであれば一度確認はしておいても不都合はないと思います。

今回の記事が銀行を辞めたいと思ったときの傾向や今後の選択肢に関して少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

ABOUT ME
ゆーたろー
フィンテックスタートアップ株式会社MFSのマーケティング担当。 新卒で大手信託銀行に入社。 銀行員時代取得した資格は15個以上。 このサイトでは銀行員の転職を皮切りに、キャリア形成や、銀行員で培った資産運用の話をメインに少しでもお役立てできるようにサイトを運営していきます。
error: Content is protected !!