転職

銀行員は転職で使えないのか?本当とうその話

銀行員の方の多くは新卒で入社をし、金融に関する知識経験、幅広い業界との関わりを通じてつぶしの効く人材になれると思って入社したのではないでしょうか。

今の銀行で出世をしていきたい一方でこのままでいいのかと転職を検討したことがある方も多いと思います。

もし転職するのであれば、転職先でしっかりこれまでの経験を元に成果を出していきたいことでしょう。

今回は、将来転職して成果を出していきたい銀行員の方に向けて、銀行員は転職で使えないのかというテーマで記事をお届けしていきます。

銀行員が転職で使えないと言われる理由

銀行員が転職して使えないと言われる理由には、ミスマッチが起こってしまっていることが最も大きな理由になるでしょう。

ポジションの重さ
22歳~29歳
30歳~34歳
35歳~

年齢によって転職先のポジションはある程度リンクすると思っています。

今後は年功序列もなくなっていき、年齢が若くともポジションが中~大と重いところにいきなりいけることもあると思いますが、年齢をある程度重ねている方がいきなりジュニアポジション、無役職で転職先に行けるとしてもなかなかいけないと思います。

つまり、年齢に応じて転職先が用意したポジションに本人のスキルが追い付いていない時に転職してきた銀行員は使えないというレッテルが張られてしまうわけです。

転職先の目線はポジションに応じて高くなる

ある程度までは銀行員は同じように出世をしていきますが、課長以上(以前までは課長もミスなければなれたらしい)は熾烈な出世争いを勝ち抜いてこそ得られるポジションになります。

当然、銀行員が出世に必要になる資格も取得済みです。

銀行内でも例えば支店長、支店省代理のポジションにはそれなりの人がやはり就いているように転職してきた人が相応のポジションに入ってきた場合にはそのレベルで見られるわけです。

転職して数カ月で結果を出すことは難しいことは重々わかってはいるものの、目線が高いため仮に1年いてもポジションにあった成果が上がっていないとみられた場合に使えないレッテルが張られてしまうというわけです。

銀行員が年齢を重ねると転職が難しくなることに関してこちらの記事に詳しくまとめていますので合わせてご覧になってみてください。

参考>>銀行員からの転職は難しい?年齢が後半になると傾向あり

銀行員の適切な転職タイミングはあるのか

銀行員のみならず、その人が転職しやすいタイミングで良いと言われているのは自分が仕事で最も波に乗っているとき、といわれています。

なぜなら、仕事で成果を出しているので自分の価値が高まっている状態なので社内外にアピールがしやすいからです。

社内でも出世していくことができるでしょうし、社外に対してももし法人営業などであれば取引先からの引き抜きがあるかもしれません。

転職する適切なタイミングは仕事で成果を出しているときは一つの目安にできるでしょう。

年齢は見逃せないところ

銀行員が転職先で使えないと言われる理由に年齢に応じたポジションについて記載をしました。

年齢は転職市場においては大きな武器になります。

未経験業務
20歳~29歳
30歳~34歳
35歳~

もしあなたが銀行員からエンジニアになりたい、Webマーケターになりたいと考えた時に未経験で転職できる可能性が高いのは間違いなく若いうちです。

年齢を重ねてからでも挑戦はできますがおのずとハードルは上がりますし、そもそも銀行員としての年収も上がっておりポジションも上がっているので未経験分野に挑戦できたとしても年収とプライドの面から挑戦は難しいでしょう。

言い訳の効きやすいタイミングでの転職がなんだかんだ良い

銀行員が転職先で使えないと言われない条件としては 、

  • 年齢が若い
  • 未経験分野に挑戦している

この条件であれば期待値がそもそも低いので使えないとはならないでしょう。

つまり、若手のうちで年収もポジションもまだ上がり切っていないうちに転職という挑戦をしておくことがある意味使えないと言われずに済みますしあなたも若いのでまだ何とでもなるということです。

社内での出世と転職の両輪を探っておく

転職活動自体は本気で転職することを考えていないと使えない、というものではありません。

かくいうぼくは新卒2年目の夏から転職エージェントのリクルートエージェントに登録をしていましたが、当時はガチガチに転職する気はなく社内の公募にも出していたので合わせて話を聴いてみようと思ったくらいで使っていました。

銀行員が転職をする上で使いやすいエージェントは リクルートエージェントマイナビエージェントビズリーチ です。

リクルートエージェント :言わずと知れた最大手。案件数が最も多い会社なので未経験でも挑戦できる会社は見つかる可能性が高いので迷ったらここから申込するといいです。  

参考>>リクルートエージェントが実際に使ってみて推しだったので評判を書いときます|結局はエージェントとの相性による点は注意です

マイナビエージェント:若手の転職支援が強いです。特に金融出身者に頼もしい金融専門チームがあるため、銀行員含む金融機関の方は利用価値が高いです。

参考>>マイナビエージェントの金融専門チームって?金融機関出身者でキャリアップしたいなら利用価値あり

ビズリーチ : 他の転職エージェントが持っていないような役職、ポジション、待遇等を兼ね備えた求人をスカウトを通じて紹介してもらえるため登録だけしていてもいいです。     

参考>>20代でビズリーチは活用できる? 年収600万円以上ない若手でも活用できるけど若すぎると厳しい

実際に自分が転職する方がいいのか、社内異動を頑張った方が良いのかを客観的にアドバイスをもらう先として気軽に相談してみるといいと思います。

登録だけしていても、スカウトや紹介がきたりするので便利です。

転職活動を行うと、エージェントの選び方など気になる点が出ると思います。

その場合はこの記事もあわせてご覧ください。

参考>> 転職エージェントの選び方は?見るべき点は?|やり取りの頻度・相性・案件の量と質のこの3つです

若手で未経験分野に転職するのであれば事前準備をしておきたい

若手の方でこれからエンジニアになりたい、Webマーケターになりたいといった場合にはまずご自身でも勉強はしておきましょう。

できれば、何かしらの実績を作っておく方が無難です。

エンジニアの場合には、Tech Achademy でガチガチに取り組んでいくというのも一つで、理由は未経験からのエンジニア転職保証コースがあるからです。

とはいえ、ぼく自身も過去大学卒業前にエンジニアリングを学びたいと思ってスクールに課金したことがありますし今の会社でエンジニアと共にフロントサイドのコードを少しいじったことがありますが適性がないと思いました。

適性の判断の為にプロゲートドットインストールで軽くやってみてエンジニアになりたいと思えれば Tech Achademyを使ってみてもいいと思います。

Webマーケターになりたいとしても同じでまずは独学で本を読んでみる、加えて実践的な知識経験を付けるとしてマケキャンbyDMM.com を活用するのが一つかと思います。

こちらも未経験からWebマーケターへの転職保証があったりします。

参考>>【評判】マケキャンbyDMM.com(元DMMマーケティングキャンプ)のメリット・デメリット

Webマーケター向けのスクールはマケキャン以外にもありますので比較の記事はこちらに貼っておきますので気になる方はご覧になってみてください。

【未経験向け】webマーケターにスクールは必要?マーケティング自体は学んでからの方が吉Webマーケターになりたいと考えた時に、未経験だと何から手を付けていいかわかりにくいですよね。そんな時にWebマーケター向けのスクールがありますが、利用するには少なくない費用が掛かるため踏み切るのに抵抗があると思います。貴重な時間を最短距離で成果を上げるための方法としてスクールに加入するのは方法としては良いでしょう。...

つまりは、まずはご自身で勉強をしてみて加えて実践を何かしらで積んでから未経験業界に転職に臨むことでミスマッチも少なくできますし入ってからの上達速度も変わってくると言えるでしょう。

まとめ 転職先で使えないと言われないために動く

今回は、銀行員は転職で使えないのかというテーマで記事をお届けしていきました。

若手のうちで年収もポジションもまだ上がり切っていないうちに転職という挑戦をしておくことが、ある意味使えないと言われずに済みますしあなたも若いのでまだ何とでもなるということです。

年齢を重ねるとポジションにあった転職をすることになるのである意味今以上に結果が全てということになります。

転職をゆくゆく考えるにしても、今の会社で成果を出すということ、転職に向けて動くこと、行動することは共通して必要になるでしょう。

今回の記事が銀行員が転職先で使えないと言われないためにできることとして少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

ABOUT ME
ゆーたろー
フィンテックスタートアップ株式会社MFSのマーケティング担当。 新卒で大手信託銀行に入社。 銀行員時代取得した資格は15個以上。 このサイトでは銀行員の転職を皮切りに、キャリア形成や、銀行員で培った資産運用の話をメインに少しでもお役立てできるようにサイトを運営していきます。
error: Content is protected !!