スキル

銀行員の出世道(キャリアアップ)|有望な人は2店目からいいとこ行ってます

銀行員になったからには課長どまりでなく、役員まで上り詰めていきたい。

銀行員になってアグレッシブに出世を考える人も多くいると思います。

今回は銀行員、特に若手の出世道についてお届けします。

優秀な同期の動きを見ていると、銀行員の出世道(キャリアアップ)は有望な人は2店目からいいところに行っています。

しかもどちらかというと自分で手を挙げてというよりも天命に任せての異動が多い印象です。

長い銀行員生活、天命に任せるか、自分で異動を勝ち取るかはたまた転職してしまうか、色々ルートのとりようはあります。

ちなみに課長まで出世しようと思うと資格取得の関門は当然にクリアしておく必要があります。

1店目の配属について

銀行に入社してからの1店目はほとんどが個人営業(リテール店)に配属されることになります。

2014年当時は全体の90%が個人営業店に配属になるとも言われていました。

現在は方針として、総合職は支店でなく1店目からでも本部配属になるケースも多く、もし1店目が支店であっても2店目からは本部というケースを増やしていくようです。

1店目の配属希望は聞いてはもらえる

1店目の配属にあたっては入社前の人事面談で希望は聞いてもらえます。

割と初めの面談も大事で、その際に強い気持ちで希望部署を伝えていればその後も検討してくれる材料になります。

  • どの部署で働いてみたいか
  • 希望の地域はあるか
  • どういうキャリアパスを考えているか

こういった質問があります。

ぼくは希望部署と地域を答えて結果として地域だけは叶えてもらえました。

意外と希望って通るんだなって思ったのを覚えています。

1店目で本部配属のケース

大きく2パターンあります。

  • 当初から本部採用をされている
  • そうではない配属

当初から本部採用をされているのは、内定してから希望のコースがあり具体的には不動産鑑定士を目指すコース、年金アクチュアリーを目指すコースが信託銀行だとあり、その希望が通ったケースです。

他のメガバンクですと、採用時にグローバル採用などもあり、本部勤務のちに海外勤務というコースを歩んでいくことになります。

そうではない配属は、通常の1店目の配属としてたまたま本部だったという配属です。

1店目の本部配属は出世コース確定ではない

内定時の希望から本部配属に直結するようなコースであれば出世コースに乗りやすいのは事実としてあります。

それ以外の、たまたま本部配属になったケースは必ずしも出世コース確定ではないです。

例え本部のエリートコースと言われるところにいても2店目の異動で本部以外の配属もありえます。

1店目から本部配属になった人も気を抜かず業務に打ち込む必要があります。

2店目の異動は結構大事

銀行員の異動は2〜3年に一回と言われていますが、最近はもう少し長めの印象です。

少なくとも3年その業務を経験するとおおよそ自分で動けることや周りを巻き込んでの仕事も覚えてくるようになります。

1店舗目で支店配属になった人が再度望んで支店配属ならいいですが、望んでいないのに再度支店配属だとなかなかきついとみんないってます。

2店目で異動したときに、有望な先輩、同期の異動先はこんな感じでした。

  • 海外トレーニー(ロンドン、上海、香港、シンガポール)
  • 本部
  • 国家公務員
  • MBA
  • 大型支店

上で上げたようなところに行けるのは、要は各々銀行内での実績を上げていてかつ上司に気に入られていれば有望な出世道、いわゆる花形部署にいけます。

3店目でも出世に乗ることももちろんある

先程、出世していくであろう有望な人の異動先に支店をあげました。

異動前の支店から規模が上がればそれは出世していると言われています。

もう一度個人営業を行いつつ、大型店なら法人営業もあったりするので、できる業務の幅を広げて3店目で本部に行けるケースです。

もし、銀行でこれからも仕事をやっていくとなって、自分の考えているキャリアは銀行の中で実現したいものであるなら3店目までは頑張ってみるのが一つだと思います。

3店目の異動の際には希望を出すことも大事

若手向けの話になりますが、3店目の異動に関しては希望の部署があるのであれば積極的に異動のタイミングを見て希望を出してみると良いでしょう。

人事異動の起きやすい9月末、3月末のタイミングを見据えてその2~3か月前に実施されるであろう人事面談や上席者との面談の際にご自身なりのプランを提示して希望を出すと叶う可能性があります。

逆に、銀行に新卒入社をしてから希望部署なくなんとなくこのままもしくは別部署に行きたいですといったやんわりとした回答を人事面談でしてしまうとせっかくのチャンスを棒に振ってしまう可能性が高まります。

異動がいつか先の見えない中頑張るのは難しい

ぼくが銀行にいる時には、せめて一回くらい異動を経験してから転職しようとも思ってはいました。

ただ、結局いつ異動できるか、異動できるとしても必ず希望通りにいくかもわからないままモチベーションを維持しきれなかったです。

結果、向こう数年で自分でやりたいことを実現していきたかったので転職しました。

参考>>20代の銀行員は転職すべきか?|転職のリスク自体はそんなにない

やりたいことや、こういう人生を生きたいとか、ここに住みたいとかなんでもいいと思いますが、希望があるならそれと今のギャップを考えて自分にとっていい選択をしていくといいと思います。

異動希望をする際に聞かれる質問

実績も積んできてそろそろ別の部署に行きたいと思って異動希望を出した際には面談にてその思いを上司や人事に伝えることになります。

面談の際に間違いなく聞かれる質問の一つに、今の業務をやり切っているかどうか、があります。

ぼくも2年目の異動打診の際に聞かれましたし別の同期も異動打診で聞かれたとのことでした。

回答としては様々ありますが、一番は実績を出していることが前提で実績を元にすべてを学べたとは言い切れないものの担当業務は全うできていると思っていることを伝えていきましょう。

やり切っているかどうかに関しての棚卸はいざ転職活動をするときにも使う話なので3ヶ月や半年に一回自分の業務に対する結果がどうだったのか、その際の自分の関わり方、周囲の巻き込みに関しては洗い出していて損はないと思います。

早すぎる異動に関して

同期の中には半年で異動した、1年で異動したと言うケースがありました。

理由は色々ありますが、早すぎる異動はあまりいいとは言われないようです。

とはいえ、その職場が合わないまま仕事を続けて体を壊してしまっても遅いです。

もしそういったことであれば恐れずに異動を打診したほうがいいです。

参考>>社内異動をしたい!異動願いを出すときのタイミングと注意点を銀行員時代に出した経験をもとに解説【夢破れても願えば叶う】

逆に、自分で実績を上げていてかつそれが周りにも認められている場合には社内異動を思い切ってすることで希望の部署に行ける可能性もあります。

将来が見えてしまった場合

長い銀行員生活、新卒数年で人生決まって将来は半沢直樹の世界のような片道切符の出向ということは少ないですが、年次によっては将来を悟ることもあります。

ぼく自身は3年半で銀行からフィンテックベンチャーの株式会社MFSに転職しました。

将来を悟るには早いとは思いましたが、様々な業務を経験するのか新たに挑戦するのかはあなたも一度は考えたことがあると思います。

将来は望む通りに進めていけるものの、今いる方がよりいいのか移った方がいいのかの正解は結局はご自身の行動次第になってきます。

もし今時点では銀行にて出世を狙っていくのか転職するのかを決めかねていてもキャリアを前向きに進めるためにご自身の転職市場での評価は確認しておくとより良いと思います。

ぼく自身も2年目からリクルートエージェントを活用していました。

当時は転職することにはならなかったですが、前向きに今の会社で業務をこなした方がいいとコメントを貰い結果がんばることができました。

将来に幅を持たせるためにも前向きな決断をしていきたいものです。

まとめ 銀行員の出世はそれぞれだけど2店目からも大事

今回は、 銀行員の出世道(キャリアアップ)は有望な人は2店目からいいところに行っている内容で記事にしました。

銀行員の出世は大変です。

採用されている人数も多いので同期との戦いもありますし、上を見ても人が多くポストが空いていないので、上がり続けていくのは本当に至難の技だと思います。

優秀な場合は2店目でいいところに行きますが、長い銀行員生活、人の成長もそれぞれなので銀行で戦っていくのであれば焦らず実績を積み上げることに専念するといいと思います。

今回の記事が、銀行での出世に関しての参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

ABOUT ME
ゆーたろー
フィンテックスタートアップ株式会社MFSのマーケティング担当。 新卒で大手信託銀行に入社。 銀行員時代取得した資格は15個以上。 このサイトでは銀行員の転職を皮切りに、キャリア形成や、銀行員で培った資産運用の話をメインに少しでもお役立てできるようにサイトを運営していきます。
error: Content is protected !!