資格

銀行員が転職するのに有利になるおすすめな資格5選

転職に有利な資格が知りたい人
転職に有利な資格が知りたい人
銀行員から転職するのに有利になる資格ってあるかな?

今回はこのような疑問にお役立てできる記事になります。

この記事を書いているぼく自身(@yutayutayutaro5)は元々信託銀行員として3年半勤務し、今はフィンテックベンチャーに転職して未経験からマーケティング担当になりました。

ぼくがまる3年銀行員を経験してみて、銀行員が転職する際に持っていると有利になるだろうなと思ったおすすめの資格を5選をご紹介したいと思います。

銀行員が出世するために必要な資格と転職に効くかは別

銀行員の資格取得は義務のようなものです。

出世のためには将来使えるかどうかは無関係で資格取得をする必要があります。

銀行員が課長クラスまで出世するためには少なくとも10個以上の資格が必要です。

参考>>銀行員は課長まで出世するのに資格を何個取る?答えは10個以上です

取得する資格の一例として、証券外務員1種2種、生命保険募集人一般・専門課程、損害保険募集人、金融コンプライアンスオフィサー、銀行業務検定の法務、財務、税務、FPなどです。

使う使わない関わらず取らないといけないです。

銀行業務検定が最も転職に無駄

銀行員が必須で受ける資格に「銀行業務検定」がありますが、ぼくのいた信託銀行では信託実務3級の合格が出世のために必須です。

ちなみに信託実務3級の資格は、3級だけで2級、1級はなく、そして全く使わないです。

銀行業務検定の財務、法務、税務のほうがよっぽどましです。

なぜなら銀行員としての基礎がつくからです。

信託実務は信託銀行の基礎がつくといえば無駄ではないかもしれませんが、やめたら利用価値はなくなるでしょう。

とはいえ、銀行業務検定自体が銀行の業務を行うことに特化をしているので銀行業務検定を取ったことによる転職への効果はほとんどないです。

銀行員からの転職が有利になるおすすめの5つの資格って?

銀行員の方が転職におすすめの資格は下記5つです。

  1. FP2級以上
  2. 貸金業務取扱主任者
  3. 宅地建物取引士
  4. 証券アナリスト
  5. 不動産鑑定士

この5つを挙げた理由は、現状の業務に密接に絡む可能性が高いこと、銀行の昇進に必要になる可能性が高いことが挙げられます。

要は今の忙しい業務の合間に取る資格の中で、そのまま転職にも使えるという意味でこの5選です。

それでは順におっていきましょう。以下評価を星5段階で載せていきます。

FP2級以上

おすすめ度 ★★★★★

難易度   ★★☆☆☆

銀行員であれば結構楽勝に取れてかつ転職時にも金融、税金、不動産に関する知識がある程度あることの証明になるおすすめ資格です。

銀行員であればある結構楽勝と記載したのは、日々の業務での学びが活きてくる資格だからです。学生の時に友人がとってましたが、学生で取るのはかなりすごいです。めちゃめちゃ勉強が必要だと思います。

銀行員の方はいろいろ資格試験を受けていく中で、このFP資格はいろんな資格の集大成的に受けることができます。

まずはこの資格の2級以上をとれるようにしてみましょう。個人向け資産運用提案を極めたいとのことであれば1級まで取るようにしましょう。1級まで取れれば、FPとしての箔もつくので独立も可能になると思います。

FP取得に関しては、3級と2級に関して下記記事で詳しく難易度をまとめています。

参考>>FP2級の難易度ってどのくらい?金融出身者でも3級と比べ急に難易度上がります【合格率・勉強方法も解説】

参考>>FP3級の難易度ってどのくらい?金融出身者なら楽勝、それ以外の人ちょいむずです【合格率・勉強方法も解説】

貸金業務取扱主任者

おすすめ度 ★★★☆☆

難易度   ★★★☆☆

この資格はローン担当者なら聞いたことがあるかもしれません。

要は貸金業務を営むために必須の資格です。貸金業を営むにあたって、50人以下の営業所なら1人、51人以上なら2人設置しなければならないです。

現在融資関係の仕事をしている人は勉強の延長で受けていていいと思います。

貸金業を営む会社であれば重宝されますのでエッジを立たせることが可能です。

宅地建物取引士

おすすめ度 ★★★★★

難易度   ★★★★☆

宅建業を行う上で必須の資格。これは取れると強いです。

昨年不動産投資の不正融資問題が露呈したりと不動産業界は揺れていますが、ITの進出でRe-techの盛り上がりは今後も続くと考えられます。

もし今後銀行員から独立するにも使える資格ですし、Re-tech分野に行くにあたって一回営業で入社するとしても持っていると差別化できる資格です。

宅建の独学の勉強方法はこちらにまとめています。

参考>>宅建に2度落ちた銀行員が3度目で合格した直前勉強方法とは?|王道はテキスト利用、加えてネットの力をつかうべし

証券アナリスト

おすすめ度 ★★★★☆

難易度   ★★★★★

銀行員からマーケット部門、アセット部門に異動、転職するのに強い武器になります。なお、ぼくは1次を通過したものの2次は2年連続で不合格。3年目に現職に転職していたのでやむなく断念しました。

証券アナリスト試験の合格率を調べると、受験者の約半分が合格するというような記載がありますが、受験者のレベル感が高いのでその中でも半分落ちると思うとなかなかハード目な資格です。

ただ、若手で取っているとかなり勉強したことの証明にもなりますし資格の性質上最短でも2年かかるので証券に関する専門性を高めるかもしれない、とのことであれば早めから受けていると思います。

ちなみにぼくはこの資格を取ろうとして結局2回落ちて断念しました。

参考>>【体験談】銀行員の時に取りたかった資格を諦めた話【証券アナリスト資格】

不動産鑑定士

おすすめ度 ★★★★☆

難易度   ★★★★★

この資格は宅建業も取っていて、かつもっと不動産の専門家として従事したい方には必須になる資格です。

難易度はこの5つの中では最上位です。ぼくのいた信託銀行では内定時にこの資格を取る人の公募を行って講習を行っていました。

不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、 「適正な地価」を判断します。つまり、不動産鑑定士は、不動産の価格についてだけでなく、不動産の適正な利用についての専門家でもあります。

https://www.fudousan-kanteishi.or.jp/kanteishi/

まとめ 資格を取るなら転職に有利な資格を銀行員の時に取り切りたい

いかがでしょうか。

以上がぼくがまる3年銀行員を経験してみて転職する際に持っていると有利になるだろうなと思ったおすすめの資格を5選です。

要は今の銀行員のキャリアをいかしつつ勉強するのに良い資格かと思います。

ただ、お忘れになってはいけないのは資格はあくまでツールです。将来のご自身のキャリア形成を鑑みて計画的に取るようにしましょう。

銀行員から転職するのにおすすめの資格を記載しましたが少しでも参考になれれば幸いです。