転職

アセットマネジメント(アセマネ・資産運用業界)への転職について【銀行員おすすめ】

銀行員で個人営業を経験したことのある方であれば、少なからず投資信託の販売に従事した経験があることでしょう。

法人営業でも年金営業担当の方であれば同様に運用商品の販売を経験していることでしょう。

運用商品の販売をしている中で、確かに商品の知識を身につけられる一方でイマイチ専門性が身に付く感覚は少なく、運用商品を実際に運用する側に回ってみたいと思ったことはありませんか。

今回は、アセットマネジメント(アセマネ・資産運用業界)への転職について実は銀行員おすすめ、というテーマで記事をお届けします。

銀行員がアセマネ(資産運用業界)への転職におすすめの理由

銀行員がアセマネ(資産運用業界)への転職におすすめの理由は大きく3つあります。

  • 銀行員で経験したことを活かせる
  • 専門性が上がり転職の機会が出る
  • 職種によっては年収は大きく上がる

銀行員を続ける中でもあえてアセマネ(資産運用業界)に転職しなくとも上記を満たせる可能性はもちろんありますが、銀行員をしていてその機会を満遍なく受けられるのは年収部分くらいではないでしょうか。

望むキャリア(レール)に乗れなかった場合に、専門性や銀行員から転職する機会は年齢を重ねるごとに減っていきます

ぼくは今はフィンテックベンチャーにいますが実は転職を検討し始めた新卒2年目からアセマネ(資産運用業界)への転職を検討していましたが上記の理由からでした。

詳しく見ていきます。

銀行員で経験したことを活かせる

銀行員で投資信託の営業は個人であろうと法人であろうと経験することが可能です。

投資信託の販売にあたっては、証券外務員試験Ⅰ種・2種証券アナリスト基礎講座はもちろんのこと証券アナリスト資格まで頑張って取っている銀行員の方もいるかもしれません。

それだけでなく、購入いただいた方に安心してもらえるように商品に精通するだけでなく、日々のマーケットの情報もインプットしておく必要もあります。

つまり、単に投信販売といっても実は資格取得も多くしないといけませんし日々勉強の繰り返しが必要です。

銀行員で経験した知識や経験、継続した学習姿勢はアセマネ(資産運用業界)への転職で未経験からアナリスト、ファンドマネージャーへの転職に活かすことが可能です。

専門性が上がり転職の機会が出る

アセマネ(資産運用業界)に転職することによって、例えばアナリストやファンドマネージャーになった場合、元々個人営業担当であったことから考えると業界や個々の企業に関する分析力は間違いなく身に付きます。

アセマネ(資産運用業界)から別のアセマネに転職することも可能でしょうし、国内企業だったのを外資系に転職することも可能になるでしょう。

銀行員であることよりも、人の流動性は高くなるので自身の専門性を高めることによって転職の機会に恵まれやすくなると言えそうです。

職種によっては年収は大きく上がる

銀行で個人の営業成績で目標の200%を達成したとしてもボーナスで1.5倍もいけば御の字ではないでしょうか。

一方でアセマネ(資産運用業界)でファンドマネージャーとして転職を果たし、運用成績を上げれば年収はけた違いに上がります。

とある国内のファンドマネージャーの年収を聞いたことがありますが最高税率のかかる年収を貰っていたそうです。

成果を上げるためには馬力を上げて仕事をするということも必要ですが、同時並行的に専門性を高めていくことも必要で、結果的に自分の価値が上がり年収も上がりやすいと言えそうです。

銀行員からアセマネ(資産運用業界)への転職の難易度

銀行員からアセマネ(資産運用業界)への転職のハードルは高く、まずは今やっている業務の延長で入るのが現実的だと言えそうです。

ただし若手であれば、未経験からアナリスト、ファンドマネージャーへの転職の可能性も0ではないですがそれでも現職の延長で入る方が現実的でしょう。

具体的には、銀行の個人営業担当であればアセマネの投信販売担当として転職することです。

具体的には下記求人がイメージです。

引用: リクルートエージェント

銀行でも採用されたような、総合職としての転職を行い中で実績を上げていくことで希望のポジションをつかみに行くといった方法になります。

引用: リクルートエージェント

未経験からいきなりファンドマネージャーへの転職ができるケースもこのようにあります。

入社後3年は修業期間になりそうですが、1度ファンドマネージャーへの転職をできるとその後専門性という点では高く、門戸は開かれそうです。

アセマネ(資産運用業界)への転職を目指すうえでやっておきたいこと

銀行員からアセマネ(資産運用業界)への転職においてやっておきたいことはこちらです。

  • 現職での実績を上げておく
  • 関連する知識を身につけておく
  • 資格取得をしておく

転職においては、現職でどのような結果を残してきたかは非常に重要で、アセマネへの転職に限らず可能な限り現職で結果を出すようにしておきましょう。

加えて、転職したいのであれば転職先の環境であったり業界理解に努めておくことも大切です。

最後に若手の方は特に有効ですが証券アナリスト資格を取得しておくことや英語の活用も想定されるのでTOEICで最低でも700点以上取っておくなどしておきたいものです。

銀行員からアセマネ(資産運用業界)への転職で活用できる転職エージェント

銀行員がアセマネ(資産運用業界)への転職で活用できる転職エージェントはマイナビエージェントビズリーチ 、 リクルートエージェントです。

ぼくの場合は転職するしない関わらず2年目からリクルートエージェント を利用しており、上記で求人例を記載しましたが実際には2年でも外資系であったり国内大手アセットマネジメント会社を紹介いただけました。

マイナビエージェント:若手の転職支援が強いです。特に金融出身者に頼もしい金融専門チームがあるため、銀行員含む金融機関の方は利用価値が高いです。

ビズリーチ : 他の転職エージェントが持っていないような役職、ポジション、待遇等を兼ね備えた求人をスカウトを通じて紹介してもらえるため登録だけしていてもいいです。

リクルートエージェント :言わずと知れた最大手。案件数が最も多い会社なので未経験でも挑戦できる会社は見つかる可能性が高いので迷ったらここから申込するといいです。    

実際に自分が転職する方がいいのか、客観的にアドバイスをもらう先として気軽に相談してみるといいと思います。

登録だけしていても、スカウトや紹介がきたりするので便利です。

まとめ 銀行員からアセマネ(資産運用業界)はおすすめ

今回は、アセットマネジメント(アセマネ・資産運用業界)への転職について実は銀行員おすすめ、というテーマで記事をお届けしました。

銀行員時代の経験を活かすことが可能で、転職すれば年収も上げられる・転職しやすくなる機会に恵まれ、専門性を高められるという点でアセマネ(資産運用業界)への転職は選択肢としては大いに良いのではないでしょうか。

ただ、狭き門であることは間違いないので転職に向けてできることを積み重ねていきましょう。

今回の記事が、銀行員からアセマネ(資産運用業界)への転職に関して少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

ABOUT ME
ゆーたろー
フィンテックスタートアップ株式会社MFSのマーケティング担当。 新卒で大手信託銀行に入社。 銀行員時代取得した資格は15個以上。 このサイトでは銀行員の転職を皮切りに、キャリア形成や、銀行員で培った資産運用の話をメインに少しでもお役立てできるようにサイトを運営していきます。
error: Content is protected !!