スキル

【文系向け】TechAcademy(テックアカデミー) PHP/Laraveコースの体験談

未経験からエンジニアを目指して独学しようと思い立ったとしても、何から手を付けて良いかわかりにくいですよね。未経験からエンジニアになるためのスクールは数多くありますが、中でも最大手のスクールTechAcademy(テックアカデミー) にはPHP/Laravelコースがあり人気です。

今回は、TechAcademy(テックアカデミー) PHP/Laraveコースの体験談をお届けします。

PHP/Laraveはおろかソースコードを見たことも書いたこともない文系出身の知人の体験談をお届けするので、完全初心者の方が実際に利用する際のイメージにお役立ちできると思います。

自宅から動画で無料説明会の受講ができるので、この記事をご覧になってから利用するか否かを判断して下さいね。

\ 早期申込で受講料が8%もお得に/

*無料説明会の動画視聴も可能

必読>>TechAcademy(テックアカデミー)の料金をお得にしたい方

TechAcademy(テックアカデミー) PHP/Laraveコースを利用した理由

プログラミングを学べるコースは多くある中、PHP/Laraveコースを選んだ理由は実際に動くものを作りたかったからです。

将来自分でもWebサービスを作れるようになることを目指したため、javaコースやPythonコースではなくPHP/Laraveコースを選択したというわけです。

実際にPHP/Laraveコースを受講した感想

未経験からPHP/Laraveを学んでみた結果、いくつかのポートフォリオは出来上がったが正直な感想を言うと自分で自走して作り上げることは相当難しいと思います。日々エンジニアとして仕事をしているのであれば別ですが、 そうでない場合は学んだことと常時アウトプットできる環境にないためすぐに忘れてしまいます。

忘れないように、受講中は復習を繰り返してはいましたが、日々の仕事に活かせない中ではモチベーションを保ち続けることは非常に難しいと思います。

未経験からエンジニアは可能だが難しい

今回PHP/Laraveコースを受講した知人の感想は上記のものでした。ぼくも過去お金を払ってPHPを学んだことがありますが相当難しく感じたことと、その後の目標をうまく描けていないこともあり挫折しました。

当時受講した動機は何となく将来に役立ちそうというやんわりとした気持ちで受講をし、見事に挫折をしました。受講するのであれば目標を期限付きで明確に定めて取り組むことが必要だと思います。

スクールを受講することで未経験からエンジニアになることは可能ではありますが、現実的に相当難しいことも彼は言っていました。

理由はこちらです。

  • 同じ志の人が市場に多い
  • 未経験エンジニアの門戸は実は狭い

それぞれ具体的に見ていきます。

同じ志の人が市場に多い

YOUTUBE広告を見ていると、未経験からエンジニアへ、どこでもいつでも働けるスキルを、このような訴求のCMが良く流れていますよね。将来の雇用の不安から何かをしないといけないと思った人が未経験からエンジニアにとりあえずなっておこうか、と臨む人が多く市場にあふれているようです。

市場に未経験者があふれているだけでなく、同じスクール出身者であればできるスキル、ポートフォリオも同じになるため差別化が非常に難しい背景があるようです。

未経験エンジニアの門戸は実は狭い

PHP/Laraveを一通り学んだあなたからすると、転職なり就職先で身に付けたスキルを発揮したいと思うことでしょう。実際の職場としては、未経験から業務を任して貰えるケースは多くはなく、エンジニア補佐周りの仕事を多くすることから始まるようです。

下積み時代と割り切ることができるのであれば良いですが、いきなりエンジニアとして活躍をできる門戸は狭いということは覚えておいて損はないでしょう。

TechAcademy(テックアカデミー) は現役エンジニアから無料キャリアカウンセリングを受けることもできるため、コース利用前に聞いてみても良いと思います。

>>現役エンジニアが無料キャリアカウンセリング

同じスクールでも未経験でおすすめはWebマーケティング

未経験からエンジニアを目指すことは非常に素晴らしく、なることができれば収入を大きく伸ばせることでしょう。ただスクールを卒業すれば自動的になれるわけではなく、その後も周りとの激しい競争になることは認識しておきたいものです。

ぼくも知人も文系出身者でPHPを学んで感じたことは、日々の実践で使えないのであれば身につけることは相当難しいということです。スクールの学びは明確に叶えたい目標があって日々のアウトプット落として初めて活かされるものなので、まずは明確に叶えたい目標を決めてからコースの受講を始めても遅くはないでしょう。

PHP/Laraveコースを受けようと思っていたけども悩んできたのであれば、おすすめのコースとしてはWebマーケティングを推奨します。

理由は、日々の仕事すべてに活かそうと思うと活かせること、個人の発信が容易になったことにあります。

TechAcademy(テックアカデミー) Webマーケティングコースの感想やメリット・デメリットに関する記事も記載していますので合わせてご参照ください。

日々の仕事すべてに活かせる

Webマーケティングの知識や経験があると、日々の仕事が何であれ活かすことができます。Webと頭についていますが、マーケティング手法をWebで行うという意味で根本はマーケティングになります。

マーケティングができれば、あなたが営業職ならばいかに自分が営業をせずに売れるようにできるかと仕組みを作り上げることができます。

マーケティング職に就いていなくとも日々の仕事の中でマーケティングを活かせるということです。

個人の発信が容易になったこと

個人のSNSアカウントを何かしら持っているのではないでしょうか。Facebook、インスタグラム、ツイッター、ピンタレスト、ブログ、YOUTUBEなどいずれでも良いですが、これらを活用すること自体がWebマーケティングになります。

つまり、普段何気なく使っているツールを用いてWebマーケティングを実践することが可能というわけです。エンジニアになりたいとPHP/Laraveコースに臨んだものの、日々のアウトプットが難しいことから身につけにくいことがありましたがWebマーケティングであれば日々実践することが可能です。

同じ未経験でもWebマーケティングは門戸は広い

未経験からエンジニアになることが実は難しいことを記載しましたがWebマーケティングはエンジニアと比較すると門戸は広いと言えそうです。社内でも元々営業職の人が企画部配属になりマーケティング担当になることは良くある話です。

転職においても、未経験からWebマーケティング職に就くことできますし、未経験ながら日々の生活の中でSNSなどで実績を上げておくとユニークな体験を持って面接に臨めるため可能性は上がります。

未経験の中でも、営業からWebマーケティング職には転職しやすいです。理由は、 突き詰めると、商品やサービスがお客様にどう届けるのか、という点において営業職もマーケティングにおいても共通している点にあります。

>>営業職からWebマーケティングに転職しやすい理由と方法

まとめ スクールの活用は有益だが目標は明確に

今回は、TechAcademy(テックアカデミー) PHP/Laraveコースの体験談をお届けしました。

未経験からエンジニアを目指すうえでPHP/Laraveコースを利用する選択肢は良いと思いますが、日々のアウトプットがない中で継続することの難しさや転職市場のハードルの高さは認識しておきましょう。

もし将来のスキルアップを目指すのであれば、一例でWebマーケティングコースもご紹介しましたが別の選択肢もあることを踏まえ、将来の目標を明確にしてからスクールを活用すると成功に近づけるでしょう。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

\早期申込で受講料が8%もお得に/

*無料説明会の動画視聴も可能

公式サイト

>>https://techacademy.jp/php-bootcamp

ABOUT ME
ゆーたろー
フィンテックスタートアップ株式会社MFSのマーケティング担当。 新卒で大手信託銀行に入社。 銀行員時代取得した資格は15個以上。 このサイトでは銀行員の転職を皮切りに、キャリア形成や、銀行員で培った資産運用の話をメインに少しでもお役立てできるようにサイトを運営していきます。
error: Content is protected !!