資格

融資管理3級の難易度ってどのくらい?融資実行後の実務的な知識の学べる試験

銀行の個人営業店に勤務すると銀行員にも関わらず意外と融資業務に就ける機会は少なくなります。

逆に法人担当になると当然融資業務をすることは多くなります。

個人営業店に就いた人にとってはゆくゆく3大銀行業務の一つ融資業務に就くことになるので事前の準備に適した資格があります。

それが融資管理3級です。

今回は、融資管理3級の難易度ってどのくらい?融資実行後の実務的な知識の学べる試験、というテーマで記事をお届けします。

融資管理3級とは

融資管理3級に関して簡単にお届けします。

営業店の融資担当者・管理者等を対象に、融資実行後の債権の管理・回収および企業観察等に関する応用実践的な実務知識について、その習得程度を測定します。

引用: 経済法令研究会 融資管理3級

つまり、融資担当者や管理者が融資実行後の債権管理や企業の貸し倒れがなさそうかの応用実践的な実務知識を身に付けられる資格になります。

銀行業務検定の融資管理3級は3級だけの試験になり、信託銀行員が受験必須の信託実務3級を受けるようなイメージです。

なお、銀行業務検定の種類は全部で36種類ありますがこちらにまとめていますので合わせてご覧になってみてください。

参考>> 銀行業務検定(銀検)の難易度ってどのくらい?種類によって変わる|転職にはほぼ無価値です【悲報】

融資管理3級の難易度と合格率

融資管理3級の難易度は、銀行業務検定の中でもマイナーな分類ではありますが、合格率は主要銀検3級と若干難しい~同程度となります。

合格率はこちらです。

科目合格率
融資管理3級30%前後

銀行業務検定の中で銀行員が取得を義務付けられやすい、法務3級財務3級税務3級が35~40%前後の合格率で、今回の融資管理3級は合格率だけ言うと若干難易度が高いといえるでしょう。

特に、銀行の法人の融資担当を経験している行員であれば少なからず融資管理について実務で経験しているはずなので基礎知識や経験を持って試験に臨めるため有利になりそうです。

銀行員が出世のために取得していく資格一覧はこちらにまとめていますのであわせてご覧になってみて下さい。

参考>>銀行員は課長まで出世するのに資格を何個取る?答えは10個以上です

融資管理3級に落ちた時 

融資管理3級に落ちた場合は、別日程にて再受験ができます。

ただ、3月の1回開催のため一度落ちてしまうと次の受験に関しては来年になってしまいます。

再受験には期間を要するので1度で取得できるように勉強を進めていきましょう。

万が一資格を取れなかった場合には、会社から取得必須と言われているわけではないでしょうから上司に怒られる可能性少ないですがせっかく時間をかけたのが無駄になります。

融資管理3級の試験内容

融資管理3級の試験内容はこちらです。

  • 融資管理通則
  • 倒産の予知と対応
  • 倒産時の対応
  • 任意回収
  • 担保権の実行による回収
  • 仮差押え・仮処分
  • 強制執行による回収
  • 整理手続による回収債権償却

すべて5択問題の内容で、試験の方式は試験会場にてマークシート形式によって実施されます。

融資管理3級の合格点

融資管理3級の合格点は100点満点のうち60%の点数を取れれば合格になります。

つまり満点の60%以上(60点)得点するように勉強を進めていきましょう。

融資管理3級の問題数と試験時間

融資管理3級の問題数はこちらです。

  • マークシート形式:50問(150分)

マークシート形式での問題が50問で150分の試験です。

試験の解答が終われば終了10分前までであれば途中退出も可能です。

融資管理3級が受けられるタイミング

融資管理3級が受けられるタイミングは年1回の3月開催になります。

試験会場は全国の主要都市です。

3月は税務3級や財務3級の試験と被るため、優先度をつけて受験を検討していきましょう。

銀行業務検定のダブル受験に関して

銀行業務検定は同日に試験を2つ受けることも可能です。

例えば、融資管理3級を3月に受験する場合、試験時間は午前の日程のため、午後に財務3級を受験することも可能です。

信託銀行員だと1年目の6月に信託実務3級と法務3級のダブル受験を会社から推奨されますが、難易度が少々高めの試験を2つ受けると集中が分散するのでおすすめはしません。

融資管理3級の試験料

融資管理3級の試験料はこちらです。

  • 4,000円(税別)

銀行振り込みにて対応をしてくれます。

融資管理3級の勉強方法

融資管理3級の勉強方法ですが、独学でテキスト勉強と過去問演習のみで問題ないでしょう。

独学で勉強する場合はこのように行うと良いかと思います。

  1. 一通り過去問を解く
  2. 過去問で間違っていたところの問題解説をわかるまでやる
  3. その時にテキストに戻って見直す
  4. 見直すだけでなく、なぜ間違えたのかをしっかり紙に書いて理解する
  5. 再度問題を解きなおす
  6. 以下2~5の作業を延々繰り返し過去問については3周は行う

地道にこのようにしていって解ける問題を減らしていくのが方法です。

なお、試験直前は通勤の合間、食事中、昼食休憩中はテキストと過去問演習を行って直前での追い込みで試験を乗り切りましょう。

融資管理3級の問題集と過去問

融資管理3級のテキストと問題集はこちらがよいでしょう。

問題集は試験合格のためには必須になりますが、新品が高いと思った場合にはメルカリなど中古で探してみてもいいと思います。

融資管理3級の勉強時間の目安

融資管理3級合格のための勉強時間に関しては、50~60時間程度あれば十分でしょう。

遅くとも試験を受ける3週間前には勉強を始めていき、淡々と勉強を勧めていけば合格はできそうです。

勉強なしは間違いなく落ちる

融資管理3級を勉強なしで受ける人は少ないとは思いますが、勉強なしだと当然に落ちます。

もし受験者の方が銀行で普段法人で融資業務をしているとしても試験は別なので油断せずに勉強が必要になります。

一発で合格するように勉強しましょう。

融資管理3級の合格後の流れ

融資管理3級に合格すると協会から合格証書が届きます。

ご自身でその後何かしら登録業務があるわけではないので特段することはありません。

融資管理3級取得後の求人

融資管理3級取得後の求人は原則は銀行員であれば、別の銀行への転職に活かすことはできそうです。

3級しかない試験のため、希少性は高いため融資業務に関しては一定の価値を発揮できそうです。

なお融資管理3級含め、資格取得を頑張っている銀行員が転職活動を行うのであれば下記エージェントがおすすめです。

doda:大手企業の求人も多いです。銀行員からの転職者も良く使っている印象です。

リクルートエージェント :言わずと知れた最大手。案件数が最も多い会社なので未経験でも挑戦できる会社は見つかる可能性が高いので迷ったらここから申込するといいです。

ビズリーチ : 他の転職エージェントが持っていないような役職、ポジション、待遇等を兼ね備えた求人をスカウトを通じて紹介してもらえるため登録だけしていてもいいです。

資格を取ったうえで、具体的にご自身の将来像を考える上でエージェントの力を借りると一人で悩むよりもはかどります。

ぼくは社会人2年目から転職エージェントを活用していましたが、今時点で転職するつもりはないけど、って方も相談することで今後のキャリアへの疑問が晴れることもあるため気軽に転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

なお、ビズリーチに関しては対象が年収600万円以上が対象とのこともあり登録ハードルが少々高いため予めこちらのまとめ記事も参考にされると良いかと思います。

参考>>20代でビズリーチは活用できる? 年収600万円以上ない若手でも活用できるけど若すぎると厳しい

融資管理3級と併せて取りたい資格

融資管理3級を取得したのであれば融資管理に関する実務知識を身につけられたことでしょう。

併せて取得したい資格としては、貸金業務取扱主任者の試験を取得することを検討しても良さそうです。

貸金業務取扱主任者の難易度に関してはこちらの記事にまとめていますので合わせてご覧になってみてください。

参考>>貸金業務取扱主任者の難易度ってどのくらい?宅建より簡単、FP2級より難しい【独立可能な資格】

まとめ 融資管理3級取得で融資実行後の知識を学べる

今回は、融資管理3級の難易度ってどのくらい?融資実行後の実務的な知識の学べる試験、というテーマで記事をお届けしました。

融資管理3級は、誰でも受けることができる資格で個人営業店の人は取得で次期法人融資への配置転換へのアピールにも使えそうです。

この記事が融資管理3級の難易度、合格率、勉強方法に関して少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

ABOUT ME
ゆーたろー
フィンテックスタートアップ株式会社MFSのマーケティング担当。 新卒で大手信託銀行に入社。 銀行員時代取得した資格は15個以上。 このサイトでは銀行員の転職を皮切りに、キャリア形成や、銀行員で培った資産運用の話をメインに少しでもお役立てできるようにサイトを運営していきます。
error: Content is protected !!