スキル

仕事ができる人とできない人|できる人になるためにはできる人を真似る、できない人の逆のことをする

仕事ができるようになりたい人
仕事ができるようになりたい人
仕事ができるようになりたい。どうやったらなれるかな。

今回はこのような疑問にお役立てできる記事になります。

この記事を書いているぼく自身(@yutayutayutaro5)は元々信託銀行員として3年半勤務し、今はフィンテックベンチャーに転職して未経験からマーケティング担当になりました。

仕事ができるようになりたいものですね。ぼくもそう思って日々精進しています。

結論としては、仕事ができる人になるためにはできる人の真似をする、できない人の逆のことをすることで解決できそうです。

仕事ができる人とできない人って何?

銀行の時に、後輩に仕事ができるようになりたいですって言われたことがありました。銀行内で仕事ができる、その時の環境は外回りの営業担当者だったので仕事ができる=数字が作れる人でした。

もっと言うと、その対象となる人が経営層、管理職層、担当者層のように役職によっても変わってきます。

なので仕事のできる人、できない人の定義は自分から見えているその環境と立場によりけりなところがあります。

ここで言いたいことは、例えば同じ環境の中でエクセルができる人が仕事ができる、パワポがきれいに作れる人が仕事ができるではないということを言いたいです。

例えで出しましたが、銀行の時に仕事ができるようになるためにエクセルの勉強しないと、ぼくが考えた時期がありました。

これ明確に失敗です。

なぜならエクセルは業務効率化のためのツールなので確かにできるに越したことはないのですが、それができても当時営業職だったので営業ができなかったら仕事はできない人です。

仕事ができるようになるにはできる人の真似をする

一番簡単で取得の早い方法です。

会社に1人はできる人がいると思うので、その人に思い切ってどういう考えを持っているか、日々どういう行動をしているのかを聞いて即行動に移す。それだけです。

仕事ができる人のそばで仕事を学べる環境にあれば、仕事を任して貰えるようにもなります。

参考>>仕事を任される人は人から仕事を教えてもらいやすい人【20代若手・新人向け】

結果的に、仕事を任して貰い、教えてもらい、また仕事に還元するという良いサイクルに乗れるので仕事ができるようになるための近道です。

仕事ができる人の真似をした具体例

銀行の時には内勤と外回りで仕事をしてましたが、本質的には個人向け営業です。

なので、個人のお客様の資産背景、家族構成など深いところまでヒアリングをしたうえでその人の必要とするだろう提案をして受注する。

こういうときれいでかっこいいのですが、実際は運用商品を販売するのがメインです。

参考>>銀行の個人営業(リテール)のリアルってどんな感じかまとめてみた

運用商品を1円でも多く売れるようになることが当時の仕事のできる人であったので、営業責任者の販売の仕方を一言一句真似していきました。

その他には、パンフレットの出し方、説明の進め方、よくある質問の切り返しなどなど真似できるところは全部真似しました。

結果的に売れるようになりました。その実績だけしっかり積んで自分の自信にはなりました。

仕事ができるようになるにはできない人の逆をする

特徴を上げてもただの悪口になるだけなので上げないですが、その人の逆をすれば自分自身はできる人に近づけるので健全です。

不健全なのは、できない人をできないと陰口たたいたり、蹴落としたりすることです。

人は人、自分は自分で人のことをかまっている暇があれば自分のレベルを上げる方に専念すべきです。

その上でその人が気づいてくれたら職場全体もレベルアップするのでより健全ですね。

繰り返しですが、できない人の逆をするとできる人に近づけます。

仕事ができるという評価はあくまで周りがするもの

新卒2年目の、銀行の時の失敗事例をお話しします。

当時営業職なのに営業成績が悪く(全体進捗80%くらい)、でも他のプロジェクトでリーダーを任されたもので個人も支店成績も150%くらいの達成をしたときがありました。

この時の評価は〇×△でいうと×寄りの△でした。

要は、営業が未達だったらダメってことです。その時の組織で求められていたのが営業成績を上げることで、サブで任されていたプロジェクトで大幅に達成してもあくまでサブ項目なので本質的な評価には繋がらなかったということです。

この経験をして、自分としてはもっと評価されてもいいのにとか思いましたが本質的には評価は人がするものですしその時求められることから逃げてもダメということがわかりました。

今のところで仕事ができるようにならなくてもいいという考えもあり

とはいえ、今の職場の仕事をできるようにならなくてもいい、仕事を変えてしまいたい。うまくいかない時とかにはそういうように思うのも良くあります。

その場合は、もう一度できる人の真似をすることからまず始めてみつつ、どうしても解決しない場合は転職も検討してもいいと思います。

転職する場合は、転職エージェント・サイトを使って一人ではなく人の手を借りる方が時短にもなりますし、客観的に自分の能力を見てくれるのでうまくいきます。

転職エージェント・サイトの選び方はこちらの記事にまとめていますので是非ご参照ください。

参考>>転職エージェント・サイトはどこがいい?おすすめの転職エージェント・サイトの選び方|転職活動で大事な指標は担当者との相性

まとめ 今日からできることをしていく

いかがでしょうか。

今回は仕事ができる人とできない人と題して、できる人になるにはできる人の真似をする、できない人の逆をすることを記事にしました。

できる人も、自力でできるようになったわけでなく、その上のできる人から真似ているはずです。

守破離という言葉があります。型を徹底的に守るところから始めて、型を破り、離れて自分なりの型ができる。

何事も型から入るのが良く、しかも今日から実践可能です。

今回の記事が少しでも今日からの行動や考えの参考になれば幸いです。

ありがとうございました。