資格

事業承継アドバイザー3級の難易度ってどのくらい?中堅以上が受ける試験

銀行員で個人営業を経験すると、個人営業先のお客様でオーナー企業を担当することがあります。

個人の相談の中には、今の事業の承継に関するものも含まれておりそういった経験知見を見える化できる試験に事業承継アドバイザー3級があります。

今回は、事業承継アドバイザー3級の難易度ってどのくらい?中堅以上が受ける試験、という記事をお届けします。

事業承継アドバイザー3級とは

事業承継アドバイザー3級に関して簡単にお届けします。

主に営業店の渉外担当者を対象に、事業承継における取引先の状況把握から情報収集・整理、承継手法におけるアドバイスを行うための基本知識や実務知識について、その習得程度を測定します。

引用:経済法令研究会 事業承継アドバイザー3級

つまり、銀行員含め金融機関に勤める方が事業承継に関する基本的な知識や実務知識を身に付けられる資格になります。

通常、銀行業務検定シリーズは4級から2級までありますが事業承継アドバイザー3級は3級のみの資格になります。

銀行業務検定の種類は全部で36種類ありますがこちらにまとめていますので合わせてご覧になってみてください。

参考>> 銀行業務検定(銀検)の難易度ってどのくらい?種類によって変わる|転職にはほぼ無価値です【悲報】

事業承継アドバイザー3級の難易度と合格率

事業承継アドバイザー3級の難易度は、銀行業務検定の中でもマイナーな分類となります。

合格率はこちらです。

科目合格率
事業承継アドバイザー3級 35%前後

銀行業務検定の中で銀行員が取得を義務付けられやすい、 法務3級財務3級税務3級が35~40%前後の合格率で、今回の事業承継アドバイザー3級は合格率だけ言うと同程度になります。

ただ、内容が事業承継と、若手よりも中堅以降の渉外担当者が関わることの多いテーマにつき難易度は難しい方になるでしょう。

銀行員が出世のために取得していく資格一覧はこちらにまとめていますのであわせてご覧になってみて下さい。

参考>>銀行員は課長まで出世するのに資格を何個取る?答えは10個以上です

事業承継アドバイザー3級に落ちた時 

事業承継アドバイザー3級に落ちた場合は、別日程にて再受験ができます。

ただ、本資格は年1回の開催で10月のみの開催になるため一度落とすと次回の試験は来年になってしまいますので1度で合格できるようにしましょう。

万が一資格を取れなかった場合には、会社から取得必須と言われているわけではないでしょうから上司に怒られる可能性少ないですがせっかく時間をかけたのが無駄になります。

事業承継アドバイザー3級の試験内容

事業承継アドバイザー3級の試験内容はこちらです。

  • 事業承継の基本知識(事業承継対策の基本と必要性/承継方法の決定と計画の立案/後継者教育)
  • 事業承継と金融実務(取引先の現状把握と課題の認識/各承継方法共通の基本知識/親族内承継に関わる基本知識/親族外承継(従業員)に関わる基本知識/親族外承継(第三者)に関わる基本知識/その他)
  • その他関連知識等(他の機関等の事業承継関連の制度等/事業承継に関わるコンプライアンス)

事業承継全般に関する問題が出題されます。

事業承継アドバイザー3級の合格点

事業承継アドバイザー3級の合格点は100点満点のうち60%の点数を取れれば合格になります。

つまり満点の60%以上(60点)得点するように勉強を進めていきましょう。

事業承継アドバイザー3級の問題数と試験時間

事業承継アドバイザー3級の問題数はこちらです。

  • 四答択一式 25問(各2点)
  • 事例付四答択一式 5事例 10問(各2点)
  • 記述式 3題(各10点)

良くある銀行業務検定3級はマークシート形式のみになりますが、事業承継アドバイザー3級に関しては記述式もあり38問で180分の試験となります。

試験時間も、180分と他の銀行業務検定よりも長くなりますのでその点でも異なります。

試験の解答が終われば終了10分前までであれば途中退出も可能です。

事業承継アドバイザー3級が受けられるタイミング

事業承継アドバイザー3級が受けられるタイミングは年1回の10月の開催になります。

試験会場は全国の主要都市です。

銀行業務検定のダブル受験に関して

銀行業務検定は同日に試験を2つ受けることも可能です。

例えば、事業承継アドバイザー3級を10月に受験する場合、試験時間は午後の日程のため、午前に法務3級を受験することも可能です。

信託銀行員だと1年目の6月に信託実務3級と法務3級のダブル受験を会社から推奨されますが、難易度が少々高めの試験を2つ受けると集中が分散するのでおすすめはしません。

ただ、今回は事業承継アドバイザー3級の難易度は高めになるため同時受験する際には午前の法務の方が比重を置く方が良さそうです。

事業承継アドバイザー3級の試験料

事業承継アドバイザー3級の試験料はこちらです。

  • 4,400円(税込)

銀行振り込みにて対応をしてくれます。

事業承継アドバイザー3級の勉強方法

事業承継アドバイザー3級の勉強方法ですが、独学でテキスト勉強と過去問演習のみで問題ないでしょう。

独学で勉強する場合はこのように行うと良いかと思います。

  1. 一通り過去問を解く
  2. 過去問で間違っていたところの問題解説をわかるまでやる
  3. その時にテキストに戻って見直す
  4. 見直すだけでなく、なぜ間違えたのかをしっかり紙に書いて理解する
  5. 再度問題を解きなおす
  6. 以下2~5の作業を延々繰り返し過去問については3周は行う

地道にこのようにしていって解ける問題を減らしていくのが方法です。

なお、試験直前は通勤の合間、食事中、昼食休憩中はテキストと過去問演習を行って直前での追い込みで試験を乗り切りましょう。

事業承継アドバイザー3級の問題集と過去問

事業承継アドバイザー3級のテキストと問題集はこちらがよいでしょう。

問題集は試験合格のためには必須になりますが、新品が高いと思った場合にはメルカリなど中古で探してみてもいいと思います。

銀検の資格本はキンドルアンリミテッドにはないですが、ただ幅広く事業承継に関する学習をするには持って来いのツールなのでセール期間に利用してみても良いかもしれません。

1冊本を買う価格で対象本が読み放題なのは読書好きの方からすると十分元は取れるでしょう。

事業承継アドバイザー3級の勉強時間の目安

事業承継アドバイザー3級合格のための勉強時間に関しては、25時間~35時間程度は必要になりそうです。

遅くとも試験を受ける2、3週間前には勉強を始めていき、淡々と勉強を勧めていけば合格はできそうです。

事業承継アドバイザー3級の合格後の流れ

事業承継アドバイザー3級に合格すると協会から合格証書が届きます。

ご自身でその後何かしら登録業務があるわけではないので特段することはありません。

事業承継アドバイザー3級取得後の求人

事業承継アドバイザー3級取得後の求人は、原則は銀行員であれば、別の銀行への転職に活かすことはできそうです。

なお事業承継アドバイザー3級含め、資格取得を頑張っている銀行員が転職活動を行うのであれば、おすすめの転職エージェントはマイナビエージェントビズリーチ 、 リクルートエージェントです。

ぼくの場合は転職するしない関わらず2年目からリクルートエージェント を利用していました。

マイナビエージェント:若手の転職支援が強いです。特に金融出身者に頼もしい金融専門チームがあるため、銀行員含む金融機関の方は利用価値が高いです。

ビズリーチ : 他の転職エージェントが持っていないような役職、ポジション、待遇等を兼ね備えた求人をスカウトを通じて紹介してもらえるため登録だけしていてもいいです。

リクルートエージェント :言わずと知れた最大手。案件数が最も多い会社なので未経験でも挑戦できる会社は見つかる可能性が高いので迷ったらここから申込するといいです。    

資格を取ったうえで、実際に自分が転職する方がいいのか、客観的にアドバイスをもらう先として気軽に相談してみるといいと思います。

登録だけしていても、スカウトや紹介がきたりするので便利です。

転職活動を行うと、エージェントの選び方など気になる点が出ると思います。

その場合はこの記事もあわせてご覧ください。

参考>> 転職エージェントの選び方は?見るべき点は?|やり取りの頻度・相性・案件の量と質のこの3つです

まとめ 事業承継の基礎知識を身につけよう

今回は、事業承継アドバイザー3級の難易度ってどのくらい?中堅以上が受ける試験、という記事をお届けしました。

事業承継アドバイザー3級は、誰でも受けることができる資格で銀行員や金融機関勤務者の方が事業承継に関する基礎知識を身につけるために活用できます。

この記事が事業承継アドバイザー3級の難易度、合格率、勉強方法に関して少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

ABOUT ME
ゆーたろー
フィンテックスタートアップ株式会社MFSのマーケティング担当。 新卒で大手信託銀行に入社。 銀行員時代取得した資格は15個以上。 このサイトでは銀行員の転職を皮切りに、キャリア形成や、銀行員で培った資産運用の話をメインに少しでもお役立てできるようにサイトを運営していきます。
error: Content is protected !!