転職

【レビュー】マイナビエージェントを利用して転職した3年目銀行員の感想

新卒で入社した会社、このまま過ごしていていいものかと悩むことはありませんか。

ぼくは3年半で銀行から転職をしましたが、1年目から今の会社でずっと勤務をしていていいものか悩んだものです。

銀行含め金融機関は一度入社すれば将来安泰と言われた業界の一つですが、今やそんな業界はどこにもないでしょう。

将来を1社で進めていくにしても、いつでも転職できるように準備はしておきたいものです。

転職をする際に、転職エージェントを活用して転職をする方法がありますが、どのエージェントを選んでいいか迷いますよね。

今回は、金融専門チームを抱えるマイナビエージェントを活用して転職をした3年目銀行員の後輩から感想を伺うことができました。

マイナビエージェントを活用しようか検討している方は参考にしてみて下さい。(以下友人主観で感想記事をお届けしていきます)

>>マイナビエージェントで無料転職サポートを利用してみる

マイナビエージェントを利用することにした理由

私はメガバンクに勤務する総合職の3年目銀行員で銀行員時代は都内で中小企業向けの法人営業を行っていました。

2年目あたりから漠然と転職は検討していて、一部メガバンクでは副業の解禁もあったりと将来このままでいいのかとは思っていました。

法人融資の業務を元に、融資先にメーカーが多く自身もそこに身を置き製造業の川上から川下まで経験したいと思い転職活動を始めることにしました。

マイナビエージェント を活用した理由としては、金融専門チームがあることから金融機関の転職支援が強そう、第二新卒に強そう、就活時にマイナビを使っていたこともあり利用したいと思ったからです。

マイナビエージェントの金融専門チームって?金融機関出身者でキャリアップしたいなら利用価値あり転職エージェントはたくさんありどれをつかっていいか難しいですよね。数ある転職エージェントの中でマイナビエージェントは金融転職に特化したチームがあります。今回は、マイナビエージェントの金融専門チームって?金融機関出身者でキャリアップしたいなら利用価値あり、というテーマで記事をお届けします。...

マイナビエージェントにして良かった点

マイナビエージェントを活用してみて良かった点は大きく3つあります。

  • 金融専門チームに恥じない提案
  • 登録後すぐのレスポンス
  • 担当者との相性

具体的にお伝えしていきます。

金融専門チームに恥じない提案

私のように銀行員から別の業界、業種への転職に関しても過去の金融業界の転職者を転職させてきた経験からマッチング精度の高い案件を持ってきてくださったように思います。

紹介された求人に対し、興味の有無を伝えると、次回はさらに的を絞った求人の紹介がありました。

求人数は多くはないとの評判がありますが、そもそも金融業界出身者としてセグメントを分けている場合には向き不向きの目利きができているように思い、私は求人数では申し分ないと思いました。

登録後すぐのレスポンス

転職エージェントには マイナビエージェント 以外にも2社登録をしました。

登録した後、1番に担当の挨拶と求人の紹介連絡があったのはマイナビエージェントでした。

1度目の連絡で途切れることなくその後も密に連絡をくれた点が良かったです。

担当者との相性

担当者との相性も私は合ったのかなと思います。

1番に連絡をくれたことだけでなく、その後も密に連絡を取り合えるので安心と信頼感が持てました。

悪い口コミを探すと「営業の熱意が強すぎて、説得圧が強すぎる」といった口コミを見たことがある人もいるでしょう。

私の担当者に関してはそのように思いませんでしたが、密に連絡がきすぎるとかえってそのように感じる方もいるかもしれません。

ただ、今回の私の体験では親身になって相談にのっていただき、数ある求人から最終的に良さそうな求人に絞り込んでくださったり、至れり尽くせりという印象の方が強いです。

登録しておよそ2ヶ月で納得のいくメーカーへの転職を決められたのも、熱心なサポートのおかげだったと思い、感謝しています。

マイナビエージェントの悪かった点

マイナビエージェントを活用してみて悪かった点を強いてあげるなら連絡が多いため人によっては嫌になるかもしれない、というところです。

私にとっては、良い点として上げましたが、電話、メールと手段問わず連絡が多いため、うっとうしく感じてしまう方も少なくないと思いました。

良く言えばサポートが手厚く熱意が強いということなのですが、私も連絡の多さには少し驚きました。

メールもたくさん来るので、正直言ってしまうと見るのも仕分けするのも面倒くさいと感じました。

他のエージェントに他に2社連絡を取っていることは伝えていた中で、マイナビエージェントの担当者は他のところと違いました。

焦りも無く、圧迫感も感じさせない相談しやすそうな電話の対応に、私が納得のいく転職活動をするには相性が良いと判断できました。

焦らしてくるエージェントはNG

ゆっくり吟味して転職を決めたいという人や、優柔不断気味の人にとって連絡が多いことはまだしも、決断を焦らせてくるエージェントとは距離を置いた方が良いと思います。

自分のペースで決めていかないとあの時こうしていれば、という後悔にもつながるでしょう。

転職後のアフターフォロー

転職が決まってしまえば担当者の転職エージェントとしての仕事は一旦終わりなので、一切連絡等がなくなると思っていました。

ところが、初出勤日の夜に担当者から連絡がありました。

初日の状況確認に加えて、お気遣いの言葉をいただきました。

決まったら終了ではなく、アフターフォローがしっかりしていると感じ、とても良い印象を持ちました。

今のタイミングで転職した感想

今はコロナウイルスの影響によって転職市場も、新卒採用にも影響が出ています。

銀行もいますぐ経営が傾くということは考えにくいとはいえ、転職することに勇気は必要でした。

今回のタイミングで転職を決めて良かった点として、まだ第二新卒の需要が高く求人数は30代40代と比べ圧倒的に多いため金融から別業界に転職するることは十分考えられたところです。

もし「第二新卒って企業から必要とされるかな?」と、不安に思っていたとしても十分選択肢はあるため一度相談してみてはいかがでしょうか。

第二新卒ならではの弱みもある

第二新卒だと未経験分野や別業界の転職もしやすいですが、一方で第二新卒ならではの弱みも感じました。

具体的には、第二新卒者はまた転職を繰り返すのではないか?というイメージを持っている企業もあるということです。

面接の際に将来のキャリアビジョンと社内でどのような価値を発揮でき草加はは強く問われます。

マイナビエージェントでは面接の後のフィードバックもあり、面接の練習も無料で受けられるので、苦手な人でもしっかりサポートしてもらうことが出来ます。

マイナビ転職エージェントの登録をする前に見てほしい|おすすめのエージェントですが、登録が結構大変です 今回はこのように思っている方に向けて登録前にぜひ見てほしい記事をお届けします。 この記事を書いているぼく自身(@yutayu...

まとめ キャリアを考える上で活用していて損はなさそう

今回は、金融専門チームを抱えるマイナビエージェントを活用して転職をした3年目銀行員の後輩から感想をお届けしました。

マイナビエージェントには金融専門チームもあり、銀行員含めて金融機関出身者からなるエージェントから話を聴くことができます。

つまり、今自分が悩んだことは彼らも経験しており、転職者の気持ちや考えをよくわかってもらえる点は他者と比べても強みになるでしょう。

今回の感想が、マイナビエージェントを利用しようかと迷っている人の参考になれば幸いです。

ぼく自身も2年目から転職エージェントを活用していましたが、今すぐに転職をしないとしてもキャリアの相談を第三者的に無料でしてもらえるため気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

>>マイナビエージェントで無料転職サポートを利用してみる

ABOUT ME
ゆーたろー
フィンテックスタートアップ株式会社MFSのマーケティング担当。 新卒で大手信託銀行に入社。 銀行員時代取得した資格は15個以上。 このサイトでは銀行員の転職を皮切りに、キャリア形成や、銀行員で培った資産運用の話をメインに少しでもお役立てできるようにサイトを運営していきます。
error: Content is protected !!