はじめてのブログ運営

【SEO1位記事達成!検索流入は爆伸び?】ブログ3ヶ月続けてみた結果の報告|アクセス(PV)数、収益ももちろん発表します

ブログの結果を知りたい人
ブログの結果を知りたい人
ブログやるなら半年、少なくとも3ヶ月はやらないとダメみたい。とはいえ自分は初心者だし、3ヶ月もやり切れるかも不安。ブログを3ヶ月続けるとアクセス(PV)数は増えるのかな?それに応じて、収益も上がる?3ヶ月やるとSEO上がってきて検索順位も上がるって聞いたけど実際にどうなの?

今回はこのような内容をお届けします。

ブログ開設のして3ヶ月がたちました。

そして絶賛毎日更新中で今回の記事を含めると56日更新中です。

ぼく自身毎日更新をここまでできるとは思っていませんでしたが、ブログ運営を3ヶ月続けてみた結果どうだったのかを今回も報告します。

なお、ブログに関する記事は下記にそれぞれまとめていますので是非合わせてどうぞ御覧ください。

参考>>ブログ初心者がブログ開設して1か月経った報告|良いこと、つらいこと、そして実績

参考>>ブログ始めて50記事達成の報告~日数は54日、約200時間の記録~|気になるPV、収益ももちろんお伝えします

参考>>ブログ2ヶ月続けてみた結果の報告|アクセス(PV)数、収益ももちろん発表します

早速ですが、3ヶ月ブログを続けてみた結果はこちらになります。

ブログを3ヶ月続けてみた全体感

ブログを3ヶ月続けてみた全体感としてはこちらになります。

記事数94記事(前回63記事)
総PV数4,356PV (前回 2,411PV )
最高PV数/記事108PV (前回 108PV )
新規ユーザー数624人(前回300人)
アドセンス収益1,833円(前回934円)
アフィリエイト収益47円(前回29円)

ブログ運営の全体感はこの通りでした。

ぼく自身は3ヶ月目に入った時に目標として、1ヶ月間の実績として

  • 1ヶ月あたりPVを2,000にする
  • 収益を4桁にのせる

としましたが、わずかながら未達でした。

とはいえ、3ヶ月目の1か月で過去2か月分のPV数、新規ユーザー数、アドセンス収益すべて倍になりましたので3ヶ月目は爆伸びを実感しました。

3ヶ月目のブログ運営で特に意識して行ったこと

2ヶ月目の記事にも書きましたが、下記内容を特に意識して行いました。

  • 記事更新は引き続き頑張る→10月初めての毎日更新達成
  • リライトにも時間を使う→10本程度リライト実施
  • SNS運用を頑張る→ツイッターの毎日更新を実施

毎日更新はなかなかつらかったです。というか今もつらいです。

ただ、成果にこだわるなら動きつつ改善も必要なので鞭打って毎日書き続けたら56日毎日更新に繋がった感じです。

参考>>ブログが続かない理由は成果の面と作業の面がきついから|累計ブログ80記事、40日継続中だけど挫折しそうです

SEO順位に関して【詳細な順位確認はGRCで確認!】

10月31日時点のGRC順位

ツイッターにも記載しましたが、3ヶ月目ちょうどでSEO1位の記事ができました。

1ページ目に載った記事が4記事、2ページ目に載った記事が4記事、3ページ目に載った記事が4記事というバランスの良い結果になりました。

3ヶ月頑張ってみると、SEOが上がるというのは本当なんだなと経験できたのはだいぶ今後運営していく中での自信になりました。

モチベーション管理にも自分の検索順位をしっかり把握することは大事です。もちろんどの記事が、どのキーワードで上がっているかも知るべきなので無料版からGRCを使ってみてください。

参考>>検索順位チェックツールGRCの有料版ライセンスを購入した3つの理由

アクセス(PV)数に関して

明確に流入が増えるタイミングがありました。

それが10月後半です。そのタイミングから検索上位に上がる記事が出始めました。

10月のPV数グラフ

赤丸の部分が検索上位に出始めたところで、1位を取ったのが10月25日でそのあたりが先月のピークでした。

また、検索に対する表示回数がかなり上がりました。元々9月は10~50くらいの表示回数が今は200回を超えます。

表示回数が増えるのが2ヶ月後半以降なので、3ヶ月頑張るのはこういう結果からも頑張るべきと言えそうです。

サーチコンソールの結果

ユーザー数に関して

新規ユーザーは324名。なお、リピートユーザーは53名いらっしゃってありがたい限りです。毎日更新の賜物で新規もリピートもあったと思っています。

9月との大きな違いは検索流入の割合が3倍になっているところです。

来訪ユーザーが、ツイッターだけでなく、検索からも入っているので総合的に伸びました。

ブログ更新と合わせて必ず毎日ツイートで発信しています。

検索は日々結構順位が入れ替わり激しいので検索だけに頼らない、SNS流入が入るように今後も良い記事を書いていきたいと思います。

よく読まれている記事に関して

今回、3ヶ月ほどブログを開設してみてのアクセス数が最も多い記事は、SEO流入1位の記事でした。

検索のボリューム自体はそんなに多いキーワードではないのですが、ツイッターに公開したのでそれで見てくれているのかなと思います。ありがとうございます。

参考>>銀行員の転職って大変なの?外回りか内勤かで全然違います

第2番目は、ブログを始めて2ヶ月目の結果の記事でした。 ぜひこれからも軌跡を書いていきますのでご覧ください。

参考>>ブログ2ヶ月続けてみた結果の報告|アクセス(PV)数、収益ももちろん発表します

第3番目は、銀行員だけど資格が取れない時の対処法の記事でした。

参考>>銀行員だけど、資格が取れない|対処方法は実績か愛嬌でカバー

9,10月は色々試験が重なりますよね。宅建、FP、などなど。

銀行員で資格が取れない時ほどつらいものはないです。ぼくも宅建と法務3級落ちたときは半泣きでした。とはいえ、命までは取られないので実績と愛嬌でカバーしちゃいましょう。

これは検索で流入が多かったです。

今後は、こういった読まれている記事をもとに、なぜ読まれているのかを分析して11月も別の記事をリライトしていく予定です。

アドセンス・アフィリエイト収益に関して

アドセンスは、2ヶ月目に配置を行ったのですが、3ヶ月目も配置を行いました。

今回は、記事中の広告配信をカットしたことです。

え?それだと収益落ちるんじゃないの?と思われた方がいると思いますが、むしろ逆で上がりました。

なぜ外したかというと、記事中の広告、正直うざくないですか?

見てくださっている読者の導線を考えたときにやっぱり邪魔なので思い切って消しました。

逆に、トップ画面には追加しました。押されてませんが。。。

アクセス数が倍になってきたので、アクセス数をもとに、今度こそは目標の4桁も目指していきます。

アフィリエイトに関しては、クリック報酬で1円のものがあり47回クリックされたので47円の売上でした。

よくある質問

SEOとか上がってきているのはWebマーケ関係の仕事に就いているからじゃないの?

っていう質問実は何人かから言われますが、多少有利ですがぼく自身は会社でSEOとかほぼやってなくてむしろブログをやったのでSEOを会社でもやり始めたって感じです。

今回上げられてきているのは愚直に書きまくっているのと、自分の戦えそうなキーワードや内容は先に固めてブログに取り組んでいることかと思っています。

ブログを始めたいけど何書けばいいかわからない。

ブログネタ、困りますよね。ぼくも毎日必死です。

ただ、毎日書く内容は一応銀行員から未経験でマーケティング担当になった、というものから大きくそれないようにだけ方向性を定めていますが、それはぼくが書きやすいからやっているだけです。

今から新規でやって面白そうかつアクセスもすぐに稼げそうなのは動画配信系だと思います。

例えばアマゾンプライムのバチェラー3の内容とか。

コツコツ積み上げていけるように好きなことから書くことを始めていくとまずはいいと思います。

今後に関して

3ヶ月ブログ運営を行ってみて、今後の動きとしてはこちらです。

  • 記事更新できるところまでやり続ける(無理はしない)
  • リライトにももう少し時間をちゃんと取る
  • SNS運用を頑張る/YouTube参戦するかも

検索が伸びてきた中、SNSの運用は引き続きやらないといけないと思ってます。

ツイッターはおかげさまで500名までフォローが増えました。

ブログはなくなりはしないものの、動画(音声)コンテンツにシフトするのは明確なのでYouTubeはやっていこうかなと思ってます。ジャンルは大枠決まってます。

3ヶ月やりきれたことは自信になったので、まだまだ上がっていない記事のSEO順位を上げていく施策としてリライト、SEOだけに頼らない流入としてツイッターの運用今月もしっかりやっていきたいと思います。

まとめ ブログは3ヶ月やったら変わる!

いかがでしょうか。

今回は3ヶ月ブログ運営を行った実績に関してお伝えしました。

SEOのことを考えると、3ヶ月で実際に上げられる経験ができたことは本当に恵まれたと思いました。

残り上がり切っていない記事の原因を自分なりに仮説立てて更新していきます。

ブログを始める人にとっては、何からしていいのかわからないと思いますが、ザクッと開設の流れはこんな感じになります。

詳しく聞きたい方はコメントください。

今回の記事が、ブログを3ヶ月続けるときのアクセス数、収益など参考になれば幸いです。

ありがとうございました。