はじめてのブログ運営

サラリーマンの副業にブログはやめとけ|環境を整えられるなら実際はおすすめ【体験談】

2019年は年金2,000万円問題に始まり、大企業がリストラ宣言、副業の解禁もありいよいよ個人で稼ぐことが必要になってきた時代の幕開けだったように思います。

サラリーマンの方は、今後自分でも稼ぐ方法を模索している人も多いのではないでしょうか。

今回は、サラリーマンの副業にブログはやめとけ、けど環境を整えられるなら実際はおすすめ、という記事をお届けします。

サラリーマンのできる副業の種類

サラリーマンのできる副業の種類としては大きく3種類あると思ってます。

要は、自分のスキルをストック型として売り込んでいくのか、自分の時間を売るフロー型のか、自己資金を元に投資をするのかの3つです。

投資は本業に活きるかという点では少々ずれるので今回は割愛しますが、元銀行員がおすすめする最低限やっておきたい資産運用も記事にまとめております。

副業の仕方としては、自分の本業にいきるものかどうかをベースに検討するといいです。

ストック型か、フロー型かどっちからやるのがいいか

ストック型か、フロー型かは、諸説もろもろありますが、ぼくは始めるならストック型がいいと思ってます。

理由は、個人で今すぐやろうと思えばできてストック型のサービス自体が将来の資産になるからです。

フロー型は人から受注する作業が発生するのでその間何も行動ができないことも想定されるのでストック型を元に挑戦するのがいいと思います。

ストック型は、一例をあげるとnote、ブログ、YouTubeなどになります。

今回はぼくがすでに実践済みのブログにフォーカスしていきます。

サラリーマンの副業にブログはやめとけの真意

一言でいうと、ブログの運営は初期に時間をかなり使う割にすぐに効果がでないので多くの人が続かないです。

短期的に稼ぐのであれば、メルカリで転売する方が稼げます。

この記事を書いているぼくは元々信託銀行で朝8時出社、夜は早くても20時退社という生活を毎日過ごしつつ、土日は資格試験でいっぱいという生活をしていました。

銀行員の傍ら、ブログも行うとするとかなり厳しいと思います。

要は、今のサラリーマンとしての本業の忙しさ、特に出社と退社時間の制限によってブログを副業として続けていけるかに大きく影響します。

サラリーマンの副業にブログがおすすめになる理由3つ

サラリーマンの副業にブログがおすすめになる理由は大きく3つです。

  • 自分の知識や経験を活かせる
  • 今すぐに開始できる
  • ブログ自体が将来の資産になるストック型

それぞれ見ていきます。

自分の知識や経験を活かせる

今の本業が銀行の営業だとします。

銀行の営業は幅広い金融商品の知識だけでなく、税金の知識、不動産の知識など学べます。

自分の持っている知識や得た経験を活かしてブログというコンテンツを作っていくことができます。

自分にとっては持っている知識や経験はなんてこともないかもしれないですが、自分以外の人にとっては新鮮で価値のあるものかもしれません。

今すぐに開始できる

思い立ったが吉日で今すぐに開始することが可能です。

無料ブログではてなブログ、アメーバブログを始めることもできますし、ぼくはワードプレスで開設をしています。

ワードプレスでのブログの開設は、ざっくりですが下記通りになります。

ブログ自体が将来の資産になるストック型

例えばですが、今の給料を残業代無しで毎月1万円増やすとすると結構難しくないですか。

給料のベースは昇進をしないと上がっていかないです。

一方でブログはほっておいても収益を上げるストック型の仕組みになります。

自分が働かなくても収益を生む仕組みを育てられるコンテンツとしてブログはおすすめです。

ブログの成果は継続させられるかどうか

ブログで成果を出していくには、継続性が大事と言われています。

ぼくも開設してみて、ブログは立ち上がりは遅いことを知っています。

検索上位に上がるとか、収益が出ると言った目に見える成果が出始めるのも最低3ヶ月はかかりました

時間がかかるかもしれませんが、ブログを開設し運用していく中でWebやSEOに関する知識や経験も身に付きます。

結果的に、ブログの運営能力を元にWebライターの仕事を受注できたり、Webマーケティング業界に転職することも可能になるかもしれません。

元銀行員の立場から言うと、ブログの運営を元にフィンテック企業への転職もWeb未経験でも可能にしやすいかもです。

ブログの書く内容が見つからない

ブログに興味はあるものの、書く内容がすぐに枯渇するのでは、という心配もよく耳にしますしぼくも日々迷うときがあります。

特に毎日更新65日を実施していた時はものすごく必死でした。

ブログのネタは日々の生活をいかにネタにできるかにかかっています。

要は、アンテナ高く自分の受け取った情報を元に発信するかを常に考えるより他はないです。

ブログをする上での参考書3つ

ブログを運営していく上でのぼく自身が読んで参考になった3冊をご紹介します。

おすすめは、本でガチっと勉強するよりも、サクッと読みつつその場で実践することです。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

必読です。

SEOライティングとは何ぞやというところを本質からテクニック論まで網羅的に学べます。

巷では先人たちのノートも流行っていますが、一旦これを読めばいいのではと思ってます。

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

10年以後も稼げるサイト作りを学べます。

ぼくがブログを始めようと思ったきっかけの本です。

サイトの設計に関しても網羅的に学べるのでおすすめ。

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

古書ですが、古書にこそ本質ありと思ってます。

セールスライティングなので、アフィリエイト記事の作成に際して参考になります。

時間のねん出ができるかは今後のキャリアにも大きく影響する

銀行員時代のことを振り返ると、転職活動時代も厳しかったです。

今は、フレックスでコアタイムはあるものの、思いっきり仕事に打ち込みつつ、ブログに挑戦したりとか個人のスキルを上げられる環境にいると思っています。

キャリア論と、副業に関しては転職と副業のかけ算という本がおすすめです。

キャリアアップとしての転職と、加えて個人でどのように稼ぐかに関しての戦略と戦術が詳細にわかります。

銀行員時代で副業としてブログは正直厳しかった

今はフィンテックベンチャーの株式会社MFSに転職していますが、銀行員時代ならブログ運営は厳しかったです。

銀行員時代では挑戦する気力も持てなかったです。

逆に今の会社はマーケティング担当として、本業でWeb分野でSEOを学びつつ、ブログに落とし込み、それをまた本業に活かすというサイクルを回せています。

今いる環境は本当に大事です。

もしこの記事を読んでいる方で、銀行員の方が居ればフィンテックへの転職はおすすめなので是非弊社の門戸をたたいてみてください。

この記事ではスタートアップベンチャーで働くとはどういうものかをまとめています。

まとめ サラリーマンの副業にブログは時間を取ること前提でおすすめ

いかがでしょうか。

今回はサラリーマンの副業にブログはやめとけ、けど環境を整えられるなら実際はおすすめ、という記事をお届けしました。

ブログはだれでも今すぐ始められて、自分の知識・経験が活かせて、ストック型の副業でおすすめです。

今回の記事が少しでもサラリーマンの副業としてブログがおすすめなのかどうかに関して参考にあれば幸いです。

ありがとうございました。


あわせて読みたい