スキル

prime reading(プライムリーディング)とkindle unlimited(キンドルアンリミテッド)の違いを調べてみた

先日、何気なくアマゾンのマイページを見ていると見慣れない文言がページ上部にありました。

プライム会員なら読み放題?とのことで何と気なしにクリックしてみると、プライム会員は追加費用なしで本が読み放題とのこと。

読書家のぼくとしては歓喜でした。

kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)の月額サービスは知っていてもぼくはまだ使ってませんが、今回せっかくなのでprime reading(プライムリーディング)とkindle unlimited(キンドルアンリミテッド)の違いを調べてみました。

ぼくはプライムリーディングで読めていない本が割とある状態なので、当面はプライム会員で利用できるプライムリーディングを利用していく予定です。

なお、本は耳で聴く方法もありそんなサービスをアマゾンは展開しています。

参考>>アマゾンオーディブルの感想|読みきるにはつらい分厚い渾身の1冊を利用することがおすすめ

prime reading(プライムリーディング)とは

Amazonプライム会員向けの特典の一つで、プライム会員なら対象の雑誌、漫画、書籍が追加料金なしで読み放題になります。

プライム会員でない人も利用は可能ですが、月々400円がかかります。

1回の最大ダウンロード数は10冊までなので、欲張ったぼくは瞬時に10冊いきましたが、読み終えたもののダウンロードを削除して読み直すことができます。

プライム会員は年会費4,900円または月会費500円にて利用が可能です。

プライム会員は年会費を払った方が月々より安く、便利な機能が多すぎなことも考えると、プライムリーディングはプライム会員のおまけで使うのが良いです。

kindle unlimited(キンドルアンリミテッド) とは

キンドルアンリミテッドは月額980円にて対象のキンドル本が読み放題で利用できるサービスです。

月々980円なので毎月本を1冊買う人にとっては月額料金を払うのもありだと思います。

プライムリーディングとキンドルアンリミテッドとの違い

プライムリーディングとキンドルアンリミテッドとの違いを下記点で見ていきます。

プライムリーディングキンドルアンリミテッド
値段月額400円
年会費4980円
月額980円
キャンペーンで3ヶ月299円!
本の種類約1,100冊100万冊以上

月々で見るとプライムリーディングの方が安いですが、本の種類は圧倒的にキンドルアンリミテッドの方が多いです。

キンドルアンリミテッドを契約するとプライムリーディングは使わない

キンドルアンリミテッドの方が本の種類が圧倒的に多く、1,000倍も違います。

本の種類が多いのでその分有料で何冊も買うよりも実質的には安く本を読むことができそうです。

もしプライムリーディングを利用しているうえで新しい本やプライムリーディングでは無料でなかった本ももっと読みたいとのことであればキンドルアンリミテッドを無料体験もしくは3ヶ月299円のキャンペーンを使ってみても良さそうです。

結局プライムリーディングとキンドルアンリミテッドどっちがおすすめか

プライム会員のぼくからすると、まずはプライムリーディングを使い倒すことからおすすめします。

さっと見たところ、そもそも購入したいと思ってた本が結構ありました。

それを読むだけでも1ヶ月から2ヶ月はかかりそうです。

今時点でプライムリーディングの読みたい本を消化しきったらキンドルアンリミテッドの無料体験に移行する予定です。

プライムリーディングで読んでる本

直近プライムリーディングにてダウンロードした本で読み切った本をご紹介します。

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神は、5年ほど前に夢を叶えるゾウ1を読んで本当に感銘を受けたので2を見つけて瞬時にダウンロードをしました。

1であったように、今すぐにでも自分の夢を叶えるために日常生活でできることがわかります。

  • やりたいことをやる
  • 人の意見を聞いて、直す
  • 締め切りをつくる
  • 優先順位の1位を決める
  • 欲しいものを口に出す

などなど、小さな積み重ねで人生前向きに夢を実現できる方向に持って行けると思いました。

夢をかなえるゾウ3は1,2と読んだら3も読むでしょということで読みました。

ブラックなガネーシャの教えでやらなくてもいいかもですが、やることでより夢を叶えるのに近づけます。

  • 自分の持ち物で本当に必要なものだけ残し、必要のないものは捨てる
  • 目標を誰かに宣言する
  • うまくいってる人のやり方を調べる
  • 空いた時間をすべて使う
  • 気まずいお願いごとを口に出す

などなど2に引き続きできていないことを淡々とやっていこうと思えます。

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! は最近リモートワークで自分のお金に関して考える機会も多く読んでみた次第です。

超初心者向きなのでこの手のお金の本を読んだことのない人にはおすすめできますが、簡単すぎて20分くらいで流し読みでいいと思います。

電子書籍はスマホで読めるのか

結論、スマホでも読めます。

人によっては本じゃないと読んだ気がしない人もいるかもしれません。

これは慣れの問題でスマホでぼくは問題ないです。

本よりもむしろ、

  • いつでもどこでもスマホで読める
  • 読んだところの下線も引き放題
  • 場所を取らないといった

こういった利点を強く感じているので徐々に電子書籍で本を読むようになってきました。

デメリットは電子書籍をメルカリなどの再販をすることはできないので買い切りになってしまう点です。

マンガはタブレットがいいかもしれない

マンガに関してはタブレットの方がいいかもしれません。

ぼくはタブレットとスマホの両方で読んでみましたが、細かい描写がマンガはあるのでスマホよりもタブレットの方が良さそうです。

著作権の兼ね合いでマンガの描写を載せてはいませんが、 写真にあるように、鬼滅の刃と約束のネバーランドは全巻買ってタブレットでもスマホでも読みました。

タブレットというと、Kindle Paperwhiteも気にはなっているのですが、タブレット単体をそもそも持っている中で、ぜいたくにキンドルのみの端末を買うことにまだ踏み切れていません。

まとめ プライムリーディングすごい

今回は、プライム会員の特典で使えることを知ったプライムリーディングを元に、 prime reading(プライムリーディング)とkindle unlimited(キンドルアンリミテッド)の違いを調べてみました。

この記事を書いている2020年4月30日、普段なら楽しみにしているGW直前ですが外出自粛で自己啓発で本を読もうと考えている人も多いと思います。

プライム会員の人ならまずはプライムリーディングを利用してみて、それ以上に読みたい本が月1冊以上あるのであればキンドルアンリミテッドの無料体験を利用してみてはいかがでしょうか。

いずれにしても、プライム会員であればプライムリーディングは無料で使えますし、キンドルアンリミテッドも初月は無料体験ができるので無料体験の間に解約すればデメリットはなしです。

今回の記事がアマゾンプライムリーディングとキンドルアンリミテッドとの違いに関して少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。


あわせて読みたい
error: Content is protected !!