はじめてのブログ運営

グーグルアドセンス関連コンテンツの解放条件は?解放後の効果と共に解説

ブログを開設した方で収益化を目指す中で多くの方はグーグルアドセンスを利用していることでしょう。

グーグルアドセンスには大きく5つ広告のメインコンテンツがありますが、中でも関連コンテンツの解放を待ち望んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、グーグルアドセンス関連コンテンツの解放条件と解放後の効果と共に解説したいと思います。

グーグルアドセンス関連コンテンツとは

グーグルアドセンス関連コンテンツに関して簡単に解説しますと下記定義になります。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに他のコンテンツを簡単に宣伝できる無料のサービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるため、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、ひいては広告収益の増加につながります。

引用:Adsenseヘルプ関連コンテンツの概要

つまり、グーグルアドセンスの広告の一つでサイトを閲覧しているユーザーにとって関連度の高いコンテンツを自分の記事と共に紹介してくれるコンテンツになります。

ぼくの記事も一番下までいくと、キャプチャの通りになりますが、記事と共に広告コンテンツが一緒に配信されています。

関連コンテンツの効果

関連コンテンツの解放に伴う効果に関しても簡単に概要を記載しておきます。

おすすめの関連コンテンツはトピックの類似性に基づいており、個々のユーザーに合わせてカスタマイズされます。テストの結果によると、平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー数が9%、滞在時間も 10%向上します。

引用:Adsenseヘルプ関連コンテンツの概要

つまり、関連コンテンツがあるかないかでページビュー数と滞在時間に関して約10%前後の影響があるということです。

収益性が上がるかどうかに関しては言及がないですが、PV数が約9%も底上げされると元々10,000PVあれば、10,900PVまで増えることになるためアドセンスのみならずアフィリエイトサービスにも触れる機会が増えるため収益性も上がりそうです。

関連コンテンツの解放条件

関連コンテンツの解放条件はネットを探すと色々出てきます。

  • 月間10,000PV以上
  • 100記事以上

などなどです。

ぼく自身は2020年6月22日に解放がされましたが状況としてはこちらでした。

  • PV数:18,495(解放時点の6月22日、先月13,823PV)
  • 記事数:163

想定するに、月間10,000PV以上が2カ月連続超えており、記事数も100記事以上ある状態であれば解放されるのではないかと思われます

通知は特にされない

グーグルアドセンスには最適化の案内があり、もし新しいコンテンツやテストを行っており効果的な提案があれば通知されます。

今回の関連コンテンツは特段通知はなくサイトの中にひっそりと関連コンテンツの記載がありました。

もし、月間10,000PV以上が2カ月以上続いていて、記事数も100記事を超えているのであればサイトの部分から確認してみてください。

最適化の提案

一度だけ最適化の提案が来たことがありましたが内容は下記ツイートに記載した通りで、こちらです。

  • 一般的な広告カテゴリのブロック解除
  • AMPプラグインのインストール

グーグルアドセンスの最適化に関しては一般カテゴリのブロックのみ実施し、AMPは一度実施しましたがその後のメンテナンスが厄介だったのでアンインストールしました。

結果的に広告ブロックするよりも効果は30%くらい1クリック単価(20円→30円)が上がりました。

最適化案は出てきた場合には従ってみても良いと思います。

関連コンテンツの効果

グーグルアドセンス関連コンテンツを入れると、PV数は約9%、滞在時間は約10%改善するとのことでしたが、結果的にはこのようなものでした。

  • PV数:2倍以上に
  • 滞在時間:30%ほど短く

PV数は爆伸びしましたが、滞在時間は30%以上短くなりました。

滞在時間に関してはなんとも評価しがたいですが、サイト回遊が増えた方がサイトの価値は上がるとの見方もあるので一長一短かと思っています。

関連コンテンツの収益

関連コンテンツを2020年6月22日から設置していますが収益としてはこちらです。

  • 収益:約1,000円ほど

日数としては約50日で1,000程度なので1日20円前後のクリック単価です。

単価としては通常のアドセンス広告と若干落ちていますが、PV数の増加に寄与していると考えると収益性もサイトの価値も双方上げることに貢献してくれているのではと感じます。

関連コンテンツ解放まで割と長い

ぼく自身は趣味的にブログを1年ほど続けてきましたし、時には毎日更新を行ったりしました。

趣味的にやってこれたので続きましたが、ブログで何が何でも収益を上げたいとかが目的になると記事数を上げるのが厳しいとか、PV数を上げることにも支障があるかもしれません。

結局解放されるのにぼく自身は11ヶ月かかりました。

人によっては半年で開放される方もいますが、過去の自分と戦いながら自分のペースで進めていくことが良いかと思います。

ブログ収益の今後に関して【考察】

ブログ収益で収益を上げるには大きく3つあります。

  • アドセンス広告
  • アフィリエイト広告
  • 自社(自分の)商品

今回記載のアドセンス広告はグーグルのプラットフォームが提供しているもので収益はグーグルに入ります、一方アフィリエイト広告と自社(自分の)商品の場合には収益は広告主や自社(個人)に入ります。

ブログを運営するうえで使っているプラットフォームのメインはグーグルになります。

つまり、グーグルとしてはアドセンス広告を使ってくれるサイトの方がありがたいわけです。

アドセンス広告では稼げない、アドセンス広告は無駄といったコメントも見たことがありますが、コロナ禍でグーグルも収益を上げたいことを考えるとアドセンス広告のあるブログやサイト自体がマイナス評価をされることは少ないのではと思っています。(考察)

まとめ 関連コンテンツ解放で結構変わる

今回は、グーグルアドセンス関連コンテンツの解放条件と解放後の効果と共に解説しました。

関連コンテンツ解放はなかなかハードルがありますが、実直に進めていくと不可能ではありません。

今回の記事が関連コンテンツに関して少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

ABOUT ME
ゆーたろー
フィンテックスタートアップ株式会社MFSのマーケティング担当。 新卒で大手信託銀行に入社。 銀行員時代取得した資格は15個以上。 このサイトでは銀行員の転職を皮切りに、キャリア形成や、銀行員で培った資産運用の話をメインに少しでもお役立てできるようにサイトを運営していきます。
error: Content is protected !!