転職

銀行員は3年待ってから転職すべき?|今から向こう2年、3年の想像できる姿から検討するといいと思います

銀行を3年で転職するのか悩んでいる人
銀行を3年で転職するのか悩んでいる人
今新卒で銀行に入ったけど、3年勤務すべきかな?それとも転職すべきかな?3年待つか、待たないべきか決めきれない。どういう判断軸がある?

今回はこのようなお悩みの糸口になる記事をお届けします。

この記事を書いているぼく自身(@yutayutayutaro5)は元々信託銀行員として3年半勤務し、今はフィンテックベンチャーに転職して未経験からマーケティング担当になりました。

ちょうど、3年待つべきかどうかは別の記事にも書きました。

参考>>石の上にも3年というので転職は3年待つべきかどうか|準備だけはしておくべき【正直ケースによる】

銀行員は実際のところ3年待つべきかに関しては、将来を見据えた活動をしておくべき、です。異動に対する備えなのか、転職活動なのかは人によりますが本質的には理想に向かう行動になります。

すでに3年経っている、とかだった場合は、今から向こう2年3年経ったときの銀行員の姿と転職した時の姿を想像してみてどちらがよりわくわくできるか、で決めるといいと思います。

銀行員やってて、そもそもわくわくなんかできないよ!って人はそれがわかっているのであれば転職活動をしてみましょう。

転職して思いますが、仕事や環境が変われば全然わくわく感は変わりますよ。もちろん、得れるスキルや経験も変わります。こちらはメリット・デメリットもあると思いますので合わせて記事にしていきます。

銀行員を3年続けていると異動があるかもしれない

銀行員を3年やっていれば、異動できる可能性がグッと上がります。

異動して、もともと個人営業だった人が法人営業になれば業務内容は大幅に変わるため社内転職したのと同じ効果が得られます。

しかも、福利厚生、給与水準は同じなので転職時に気にする待遇面ではクリアになります。

なので銀行員をしていて、3年待つべきかどうかの一つの焦点としては異動の期待があることです。

3年やっていれば仕事をある程度自分で完結できるようにもなる

3年同じ業務に関わっていれば、ある程度は自分で仕事を完結できるようになります。となると、仕事のやり切り感は1年目や2年目に比べると大きな差になります。

そのやり切り感に結果が伴っていれば最高で、その場合は異動で自分から手を上げていけるかもしれませんし、転職もうまくいくかもしれません。

銀行員を3年やったのち異動先が同じ内容、もしくは当面異動がない場合

これはまさにぼくのケースですが、3年半経つ前に当面異動がないこと、異動があったとしても同じ個人営業になった時のリスクを本当に深く考えました。

この場合の向こう2年、3年後の将来は目に見えて読めるんですよね。

なぜかというと、近い年次の先輩の姿を見てきたからです。

たまたまぼくのいた支店には1つ上の先輩がいましたのでよく将来の姿が想像できましたが、いない場合でも課長であったり、その部下の中堅社員をイメージいただければいいです。それが2年3年後にそのまま残った時になる将来の姿です。

ぼくの場合はそこにわくわく感はなかったです。

もしそのまま2年3年食いしばって銀行員を続けて次の異動で栄転する未来もあるでしょうが、今が一番若い中で見えているわくわくできない将来を歩みたくなかったです。

なのでまる3年を経験した時に明確に転職を決意し、自分で道を拓く方を選びました。

辞めた理由など別記事にまとめてますのでこの機会にご覧ください。

参考>>銀行員を3年経験して辞めた10の理由|20代での転職

転職先が自分の思い通りに行くかは別の話

とはいえ、銀行を辞めて別のところにいっても思たようなわくわくがなかったとか想像と違った、ということはあり得るケースです。

転職する場合ですが、ミスマッチが起きそうかどうかは事前にどれだけ譲れないポイントをクリアにして面接で聞けるかにかかっていると思います。

例えば、仕事の進め方はどうなのか(トップダウン?ボトムアップ?)、給与水準はどうなのか、人事制度はしっかりしているのか、休みは取れるのか、などなど気になる点はたくさんあると思います。

そのあたりをしっかり事前に準備できるかどうか、それは日ごろからこうなりたいと思う姿を愚直に考えているかどうかにもつながってきます。

一人で考えるのが難しければ転職エージェントに頼むのが早いです。転職支援のプロなので、今仕事で悩んでいることを聞けば解決すると確率は上がりますし、今後の行動の指針にもなります。

迷っているくらいなら1社決めて、本気でやるならエージェント最大でも3社使って絞っていけばいいと思います。

転職エージェントやサイトの選び方に関しては下記記事をご参照ください。

参考>>おすすめの転職エージェント/サイトの選び方|転職活動で大事な指標は担当者との相性

参考>>転職エージェントの選び方は?見るべき点は?|やり取りの頻度・相性・案件の量と質のこの3つです

3年待つか、転職するかのメリット・デメリット

銀行員を3年続ける中でのメリット、デメリットと転職した場合のメリット、デメリットをここでまとめたいと思います。

銀行員を3年続けていくことのメリットこちらです。

  • 異動を経験できるかもしれない
  • 仕事のやり切り感を持てる

銀行員を3年続けていくことのデメリットはこちらです。

  • 3年経っても確実に異動しているかは不明
  • 職場や仕事内容が嫌な場合かなりきつい

今回多くは触れなかったですが、銀行員はノルマなどもきついので3年をそもそも続けきれないこともあります。

一方で転職した場合のメリットはこちらです。

  • 自分の理想の仕事が実現ができる可能性が高い
  • 理想の働き方を実現できる可能性が高い

転職時には一度働いた経験をもとに理想があると思います。その実現に向けての転職になるので理想を実現できる可能性は残るときに比べて高いと思います。

理想が実現できる世界の方がわくわくできるのではないでしょうか。

転職のデメリットはこちらです。

  • 一時的に年収が下がるかもしれない
  • 調査不足だと合わない可能性もある

一瞬転職して年収は下がるかもしれませんが、給与テーブルなどの確認をしていれば後から取り返せます。辞めた銀行員の同期も一時的に年収は下がっても2年目からは上がったとかよく言いますし、それ以上に経験だったりその他の理想を大事にしたと言ってます。

結果としては、自分でこうしたいなという前向きな思いをもって行動すると後悔はなさそうです。

まとめ

いかがでしょうか。今回は、銀行員は3年待ってから転職すべきかどうかに関して記事にしました。

3年待つかどうかはみんな一度は悩むと思います。ぼく自身1度は異動を経験しても良かったかなとも思うことはありますが、残っていた時とは比べられないほどいろんな経験を転職したことでできました。

何が正解かは行動してみてしかわかりませんが、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。


あわせて読みたい
error: Content is protected !!