転職

銀行員1年目で転職は可能?1年目の乗り切り方と転職に関して|転職は可能だけど、ちょっと早いかもです

銀行員1年目の人
銀行員1年目の人
今銀行員1年目です。1年目だけど、銀行員の仕事が楽しくないかも?1年目だけど、銀行員から転職していいかな?1年目でも転職することはできるかな。

今回はこのような疑問にお役立てできる記事になります。

この記事を書いているぼく自身(@yutayutayutaro5)は元々信託銀行員として3年半勤務し、今はフィンテックベンチャーに転職して未経験からマーケティング担当になりました。

テーマは、『銀行員1年目で転職は可能?1年目の乗り切り方と転職』に関してです。

銀行員になったころ、これからいろんな銀行員としての仕事ができるとか、個人、法人のお客様のための提案ができる、とか夢が膨らんでいたと思います。

ただ現実は、1年目は自分でできることも少ないし、営業だったら会社から言われた商品の提案ばかりしないといけないとか、事務も膨大な作業があることを知ると萎えたりしますよね。

結論としては、銀行員1年目限らず割と1年目の仕事は楽しくないことが多いのと、1年目からの転職も可能ですがキャリアアップの可能性は割と低そうです、というのが結論です。

なので、1年目の仕事はいかに自分で面白みを見つけに行けるかどうかにかかってます。

転職に関しては、キャリアアップが難しそうなだけで転職自体はもちろん可能です。

この結論の特に転職に関しては記事で見るのと、ご自身で実際に体感するのとは違います。補足のために、転職サイトやエージェントの利用に関しての事例、実際1年目で転職した同期の事例なども載せていきたいと思います。

銀行員1年目の仕事は雑巾かけ

っていうと部活の1年目みたいな仕事ですが、本当に1年間雑巾がけをやってました。これも支店によっては1年目が入ってこない時には2,3年目の人がやることもあります。

そのほか、銀行には重要書類が多くあります。

これらを厳重な金庫から取ってきて、というのが朝の仕事に追加してあっえ、もちろん帰る時にもそれは元の金庫に戻しに行きます。

要は雑用がかなり多めです

銀行によりけりですが、研修が1か月から3か月あって、その後実際に独り立ちしますが、事務であっても営業であってもやれることはそんなに多くないのが実際だと思います。

やれることも少ない、雑用も多いしなんだこれってなるのも分かります。ぼくもそう思ってました。

とはいえ社会人1年目は割とどこもそうだと知っていた

他の会社の同期とか1年目って情報交換をすることが多いと思います。

そうすると、営業職の人の話を聞いても全然まだできないとか、雑用が多いよっていうのは知っていたので気持ち的にはそんなもんかってという感じでした。

人それぞれですが、めちゃめちゃ雑用であっても取り組み方って違ったりします。

例えば冒頭で挙げた雑巾がけも、一見くそだるです。

けど、お客様が座る方向からデスク整理してみると、資料の置き方こういうほうがいいかも、とかここにペンがあった方が記入がスムーズになるな、とか、昨日まであった資料がこんなに減ってるってことはこの商品が売れ筋なのかな?とか学べることがあったりします。

せっかく同じ時間使うならなんか学べないかと思ってやると一見超雑用であってもその仕事に面白さを見いだせたりしますよ。

とはいえやっぱり雑用も多いし、1年目にして銀行きついなってなったらやめる選択肢が出てきますよね。

銀行員1年目で転職自体は可能

1年目でも転職は可能ですが、多いのはやっぱり3,4年目が多いです。もしくは30代前後のときですね。

要は、ある程度のやりきりがない状態での転職を行ってしまうと、だいたい理由が外部要因(上司がクソすぎる、労働環境が悪すぎる、ノルマが厳しすぎる)とかになりがちです。

もちろん、劣悪すぎる環境だと逃げてしまったほうが良くて体や心をやんでからは遅いです。

なので無理のない範囲でなんとかやりきった、乗り切ろうとした経験自体は踏んでおいた方が今後には良さそうです。

なお、同期で1年目に転職したケースはこういう先です。

  • 資産運用会社
  • 別の銀行
  • メーカー
  • 公務員
  • 起業

銀行に行った人は、銀行のことをしたかったものの、信託銀行の個人営業があってなかったとのことで地銀にいきました。

銀行以外のところに行った人はもともと明確にやりたいことが決まっていて、その上で一旦銀行に入ってみたようです。

そのようにやりたいことが明確に決まっていればいいですが、銀行に入った理由が、銀行の中で色々な業務ができるとか、金融という軸で銀行はキャリアの選択肢が広いと思っているとかだった場合、1年だけでなくもう少し粘ったほうがいいかもしれません。

なので1年目で考えておくべきことは、直近の異動で希望のところに行けそうかどうか、改めて銀行員の仕事をリアルにやってみて、先輩の姿を見てみて向こう5年10年とかやり続けられそうか、というところを考えてみるといいと思います。

なお、ぼく自身は1年目では転職サイトで【転職会議】には登録し、求人と自社の口コミだけは見ていました。

就活のときはみんなの就活を見てましたが、【転職会議】は結構リアルなコメントもあり将来の参考になります。

具体的な転職エージェントの面談は2年目の夏にリクルートエージェントを使って面談をしました。

当時は今以上にノースキルだったのと、理想も高く今の仕事をやりきるべきとのアドバイスを貰いぼく自身もそうだよな〜となったのを覚えています。

転職活動自体はやりつつ、現状と理想の差を見れれば逆算して行動できるので転職活動はおすすめはします。

なお、おすすめの転職エージェントやサイトの選び方に関して、若手での職務経歴書の書き方に関して、下記記事にてまとめています。

>>おすすめの転職エージェント/サイトの選び方|転職活動で大事な指標は担当者との相性

>>銀行員が転職するときの職務経歴書ってどう書けばいい?ポイント2つと具体例を使って解説|具体的な数字が混ざると超いいですよ

まとめ 

いかがでしょうか。

今回は、銀行員1年目で転職は可能?1年目の乗り切り方と転職に関する記事をお送りしました。

1年目は、現状もつまらない、転職してもキャリアは横ばいといったことに特になりがちかと思います。

意外と、1年目で何かできることはないかともがいてみると、雑用の中にも面白さがあったりそれがゆくゆくいきてくることもあります。

せっかくいるならなにか小さくてもやりきった経験があったほうが転職も銀行内でのキャリアアップもうまくいきます。

1年目の人であったり、若手の人の銀行業務の取り組みや転職に関して少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

ABOUT ME
ゆーたろー
フィンテックスタートアップ株式会社MFSのマーケティング担当。 新卒で大手信託銀行に入社。 銀行員時代取得した資格は15個以上。 このサイトでは銀行員の転職を皮切りに、キャリア形成や、銀行員で培った資産運用の話をメインに少しでもお役立てできるようにサイトを運営していきます。
error: Content is protected !!