はじめてのブログ運営

アマゾンアソシエイト審査に通過した話|1回落ちました

アマゾンアソシエイト審査に通過した話|1回落ちました

こんにちは、ゆーたろーです。

今回の記事は、アマゾンアソシエイト審査に無事通過した話です。

通過の連絡は昨日メールできました。件名はこんな感じ。

なんとか無事に通過してホッとしています。

アマゾンアソシエイトの審査はめちゃくちゃ早く、通過してもしなくても翌日には返事がきます。(土日も関係ないようです。)

今回が実は挑戦2回目。1回は落ちています。通過までの過程を記載したいと思います。

1.1回目の申込とその結果

1回目の申込はブログ開設4日目記事3つで申請しました。まだ記事数はおろか、自分のプロフィールもプライバシーポリシーも作っていないまま申請

物事やってみてから考えるタイプなので、出してから

あれ?これ結構審査厳しいんじゃない?

って思い急いでプロフィール充実(現行のもの)とプライバシーポリシーの作成をしました。

また、申請時の覚えているのが

  • ブログのPV数不足を補うためにツイッターアカウントも申請したこと
  • 紹介するのも本だけにしたこと
  • 自己PR欄もあっさり目に書いたこと(100字程度)

で申請しました。

そして、審査の結果に関しては半日後にこのような件名で来ました。

何も知らないぼくは、

おっひょっとしていけているか!?

と期待に心を躍らせながら見ましたが、しっかり落選したのでした。

アマゾンからのメールにはお断りの事例を下記のように送ってくれます。(2019年7月31日時点)

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合 

2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合 

3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合 

4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合 

5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合 
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております 


6. 知的財産権を侵害している場合 


7. 露骨な性描写がある場合 


8. 未成年の方のお申し込み

プログラム参加申請をお断りするサイト例

審査落ちの理由を見る限り、

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合 

これが理由になりそうでした。

2.2回目申込とその結果

1回目の反省を踏まえて今回はブログ開設14日目、記事数14つで挑みました。

ペース的には1日1つの記事作成ペース。

今回の申請の時には下記も変更しました。

  • ツイッターの申請はしなかったこと
  • 紹介するのは本以外にも、家電、食料品、パソコンなど範囲を広げた
  • 自己PR欄も目いっぱい書いた(256字前後)

要は申請をブログ一本にして、紹介できるものを増やし、アマゾンサービスをしっかり紹介できることを書いて申請しました。

申請し、次の日に無事に通過メールが来ました。

仮説通り、記事数が問題だったのかと思います。

なお、この時にはグーグルアドセンスは通過しており広告もありましたが問題なく通過しました。

3.まとめ

いかがでしょうか。

今回はアマゾンアソシエイトの通過に関する過程を記載しました。

1回目落ちたときは、まぁ記事数足りないもんなって納得感満載でした。

他の人の記事を見ていると7記事で通過した人もいますが、目安は10記事程度なのかなと思います。

アマゾンアソシエイトも落ちても挑戦できるので1回落ちても審査落ちのメールを参照に挑戦してみてください。

今回の記事が少しでもアマゾンアソシエイト申請に役立てば幸いです。

ありがとうございました。

ABOUT ME
ゆーたろー
フィンテックスタートアップ株式会社MFSのマーケティング担当。 新卒で大手信託銀行に入社。 銀行員時代取得した資格は15個以上。 このサイトでは銀行員の転職を皮切りに、キャリア形成や、銀行員で培った資産運用の話をメインに少しでもお役立てできるようにサイトを運営していきます。
error: Content is protected !!